千葉の海だって悪くないよね

沖縄の大好きな中年オヤジですが、実は千葉だって悪くないって思ってますブログ(笑)

SONYが嬉しいことに、また、Aiboを販売してくれた!

f:id:o-kenya777:20171103185632j:plain

f:id:o-kenya777:20171103185653j:plain

日本の家電メーカーの衰退が言われてから、すでに何年か経過している。いわゆる家電

製品が中国等でも安価にほぼ同等の製品が作れるようになったこと等が、その理由とな

っている。また、その家電メーカー独自のヒット商品も開発されないのが、その理由で

あることも明確です。少し前まではSONYも衰退して、昔の企業としての力がかなり

落ちているようなことが言われてしました。しかし、ここのところ、SONYの業績は

かなり良いようです。欧州等では大型の高性能なTVは、SONYのシェアが高いのだ

そうです。そのな情報を耳にしていたら、なんと、あの”Aibo"が再販され、30分で 

売れ切れのお話が聞こえてきました。

 

なんと嬉しいことでしょう。初代のAiboはファンが非常に多く、また、老朽化した今で

も大事に使っている老夫婦がいること等、前に聞いていました。そして、SONYのサ

ポートが無くなっても有志でAiboの修理をしてくれるグループがいること等も聞いて

いました。今でも本当のペットとして一緒に生活している方のお話を聞くとAibo

単純にペットロボットではなく、家族の一員なんだ、と言葉も聞いていました。

そう考えるとAiboの位置づけは非常に珍しい貴重な位置づけだったことが分かります

。また、そのようなペットロボットを開発して販売した当時のSONYは非常素晴らしい

企業風土を持った企業であったように思いました。そういう意味ではSONYAiboから

撤退することを聞いた時には、「ああ、SONYらしさがまた1つ消えたな」と思った

ものです。

 

でも、そんな寂しい話を吹き飛ばすAibo再販、売れ切れのお話。非常に嬉しいです。

また、Aiboの価値を理解して30分で売れ切れの話も嬉しいお話です。是非是非、今後も

SONYらしさを取り戻して、ユーザーの欲しがる製品を是非どんどん開発して欲しいと

思いました。