千葉の海だって悪くないよね

沖縄の大好きな中年オヤジですが、実は千葉だって悪くないって思ってますブログ(笑)

「ハワイで2021年より現行の日焼け止め全面禁止になる」→日焼け止めって本当は人間にはどうなの?

f:id:o-kenya777:20180704193948j:plain

f:id:o-kenya777:20180704194226j:plain

引用:CNNニュース、https://www.cnn.co.jp/usa/35121917.html

(CNN) 米ハワイ州のデービッド・イゲ知事は3日、サンゴ礁への有害性が指摘される成分を含んだ日焼け止めを禁止する法案に署名して成立させた。2021年1月1日から施行する。こうした法律が米国で制定されるのは初めて。

法案は5月にハワイ州議会を通過していた。施行後は、紫外線カット成分のオキシベンゾンとオクチノキサートが含まれる市販の日焼け止めの販売や流通が禁止される。

法案の起草にかかわった非営利の学術団体は、オキシベンゾンやオクチノキサートについて、海水浴客の肌から流れ落ちたり排水処理施設を通じて海水に流れ込んだりして、サンゴの白化現象や遺伝子の損傷を引き起こす原因となり、やがてサンゴを死滅させるという調査結果を発表していた。

同団体の専門家クレイグ・ダウンズ氏は法案の署名に立ち会い、「幼生のサンゴにとって、オキシベンゾンは特に毒性が強い」と述べ、「日焼け止め公害の海水浴客がいれば、新しい世代が育たず、その地域のサンゴ礁は徐々に縮小する」と強調した。

ただ、同法には反対意見もある。「日焼け止めに使われている安全で効果的な2つの成分が禁止された。根拠となっているのは、そうした成分がサンゴ礁にとって有害だと主張する1つの研究結果にすぎない」。米日用品大手ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)などのメーカーでつくる全米業界団体幹部のジェイ・シロイス氏はそう反発する。

同法の影響で日焼け止めの選択肢が少なくなれば、日焼け止めの使用が減り、皮膚がんのリスク増大を招きかねないと危惧する声もある。

(以上、CNNニュース)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ここまでの話を見てみると日焼け止めに入っているオキシベンゾンとオクチノキサート

がサンゴに毒だというのだ。そう考えてみるとサンゴに悪い物なら人間にも害があるじ

ゃないかと調べてみたら、出てきました。アレルギーになる、発がん性がある、ホルモ

ン異常になる等々。今までこういうことは全然知りませんでした。真夏の暑い日や沖縄

に行った時には、はっきり言って塗りたくっていました。今思うと非常に恐い話です。

はっきり書きますが、今の国内で販売されている日焼け止めには、ほぼ100%これらが

入っています。名称は違っていますが確実にです。(恐いですね)

 

というわけで更に調べてみると今ではオーガニックな製品であったり、無添加で自然由

来の日焼け止めも発売されています。また、ハーブや草花の効能を利用する日焼け止め

もしっかり発売されているのです。(知らなかった)。加えて要注意ですが肌の強い人

でも、長時間SPFの高い指数のアイテムを使用 していると、かぶれる恐れがあるそうで

す。従って、SPFが多少低くても2時間毎に塗り直すとかして、最後は洗い流すように

しましょう。これは海等の自然環境を守るためだけでなく、自分の皮膚や身体の健康を

守るためなのです。今年も猛暑になる感じです。是非、日焼け止めには十分配慮しまし

ょう。多少高い日焼け止めでも自分のため、自然を守るためです。