気になるトピック&ニュース少し掘り下げブログ

沖縄の大好きな中年オヤジですが、ブログで色々取り上げています。(笑)

三重県津市市役所職員大量処分の件

f:id:o-kenya777:20211014043108j:plain

f:id:o-kenya777:20211014043143j:plain

少し開いた口が塞がらないような市役所の職員大量処分で副市長以下、155名が処分さ

れたのが今回のお話。中身は某元自治会長の男が不正に補助金を取得した有罪事件に

絡んだ元自治会長との不正なお付き合いに関してだったようです。しかし、市役所の

職員数は2900人程度のようなので155名は、かなり多いように思えます。それも副市長

まで処分の対象ですから、これは大事です。こんなことが日本で起きるなんて信じられ

ない感じですが、実際に起きたことです。普通であれば途中で誰かが「まずいことだ」

と判断して、止めるはずのものが、副市長まで関係していたとなると、この市自体が

正常な業務が出来ていなかったことになります。

 

加えて、発端となった元自治会長が職員に土下座や丸刈りを強要するなどした行政対象

暴力や、複数の市職員が補助金詐取に関わったと調査で判明していることから、どう

考えても異常なことを異常と捉えられていなかった様子すら分かってきています。どう

も良く分からない事件です。ウィキペディアからの内容では「部落差別をネタに津市役

所・津市議会が完全に従属している関係・相生町同和関係者による人権利権」との記述

が見つかりました。ここで言う、相生町とは、その問題を起こした元自治会長のいた町

名です。

 

部落問題は小学校の頃から耳にした話ですし、それに絡んだ「えた・ひにん(穢多・非

人)」と言う言葉もそのころから聞いていますが、身分が低く、差別されていた人たち

のこと以外は全然知りませんでした。また、会社に入ってからは偽の同和の者と言う方

が何かの名簿を無理やり会社に買わせようとしたと言う話も聞いたこともあります。し

かし、その詳細は全然分かっていなかったというのが事実です。

 

今回は示現舎と言う出版社からの告発であったと言うことですが、どう見ても、その関

係は日本人のタブーのような内容であり、その自治会では、一台で済むのに4台も使っ

た報酬や費用まで支払われている環境パトロールや市職員へのパワハラであり、 相生

町内会長が市の人事等に圧力をかけ、自分の気に入らない職員を異動させる、「詫び」

として丸坊主と土下座をさせる、実質的に自身が経営している飲食店に市の職員を行

かせる、町内会事務所として使っている建物のガレージの修理や私有地の草刈りや片

付け、市の職員を私物化していたとの報道ですから、「相生町自治会長による、同和・

暴力団の威力を背景として行政職員を私的に働かせること、市議会への介入が常態化

していた」と言う実態ですから、これを聞けば、開いた口が塞がらない状況であった

わけです。

 

こんなのを聞くと「何故に?」と単純に思うのは、このタブーの根の深さを知らないか

らのように思えてきました。加えて、安いゴミ箱を買って高い補助金予算を組ませて差

額を搾取したり、身内店舗の利用を市職員らに強制したりもあったそうですから、もう

何も言えなくなります。批判すらいえない感じになってきます。

 

今回の事件で処分では部長級が32人、部次長級が22人、課長級が17人と言うことで冗

談抜きで津市役所は全滅してしまった感があります。副市長は12月末で辞職するそう

ですが、それで本当の幕引きになるのか。確かに起きた事件に関してはそうでしょう

が、津市の市民の方々にはそれで理解が得られるのかは大きな疑問として残ります。

しかし、日本のタブーに絡んだ今回の事件、本当に恐いし、似た話が他にもあるよう

な気がしてなりません。くわばら、くわばら。