千葉の海だって悪くないよね

沖縄の大好きな中年オヤジですが、実は千葉だって悪くないって思ってますブログ(笑)

JALの感動するCM,「The Art of J」 これは本物の感動作品です。

ネットでニュースを見ていたら、感動もののJALyoutube掲載のCMが話題になって

いました。全部で3部作で非常にクオリティの高い作品です。これは自分の感覚では、

かなりの大ヒット間違いなしですね。非常に良いです。もう何回も見入ってしまうし、

構成、ストーリー等すべてがパーフェクトに近いです。JALさん、やりましてね!

そんな感じです。

 

日本の文化の紹介ですが、特にNO2の作品とNO3には相当感動しました。

自分の予想裏切る、そんな感じですね。それでは是非、ご覧ください

 

www.youtube.com

 

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

千住鎭雄先生と千住博先生らお子様たちのこと

もうかなり前のことになりますが、千住博さんのお父様である、千住鎭雄先生のセミナーを受講したことがありました。少し固いお話になりますが、「経済性工学」のセミナーで単純に言えば、どの投資が本当はどれだけ儲かるのか、と言ったそんな判断基準を教えて頂きました。これは仕事上かなり役立ったセミナーのように思います。慶応義塾大学の先生だった千住先生は、かなり自分にとっては好みの先生でしたね。雰囲気が好みというか、そんな感じだったです。そして、この大先生のお子様たちが、千住博千住真理子千住明さんたちであったことに気付いたのは、少し日数が経ってからのことでした。

 

f:id:o-kenya777:20161026150900j:plain

f:id:o-kenya777:20161026150824j:plain

千住博先生も、滝の作品が大好きでアマゾンで作品集を買って見ていたりしたのですが、鎭雄先生のお子様とは、知りもぜす、単純に凄い画家なんだなと思っていたところ、プロフィールでお父さんが鎭雄先生、兄弟に真理子さん明さんがいることが分かった訳です。これは本当に驚きました。あの千住先生の息子さんが博先生なんだ、そう思うと一本線が繋がった気もしました。妙に「ああ、そうなんだ。え、そうなんだな。うん、そっかそっか」そんなリアクションだったように思います。ある意味納得が出来るのです。しかも兄弟に真理子さんと明さん。もうこんな優秀な家族はそうそういないですよね。ここの部分は奥様の文子さんが本も出版なさっています。読んでいませんが、どんな教育をお子様らにして、あんな素敵な方々になったのか、非常に興味のあるところです。 

少し千住鎭雄先生のその後を調べてみると老後は例の「痴呆症」でかなり奥様や子供たちを悩ませたようです。鎭雄先生のお姿を実際に見ていただけに全然信じられません。このことは奥様が本を出版もなさっていたようです。かなり凄い先生も痴呆症になると言うのは、かなりの恐怖なんですけどね。

 

話が逸れましたが、そんな訳で千住先生とは少しだけ縁があったわけで尊敬もしていましたし、その息子さんの芸術作品を大好きで本も読んでいた、と言うのは非常に不思議な出来事でした。写真は前に「金谷美術館(千葉県富津市)」で以前に千住博先生の個展があった際に撮影したものです。平日だったためか、お客がほとんどいなくてもう、たっぷりと作品の世界に入り込むことが出来ました。こんな経験は滅多に出来るものでは、ありません。特に国内ではそうでしょう。金谷美術館は存在そのものを知りませんでしたが、例の金谷のフェリー乗り場のすぐ前にあるんです。興味がある方はHPをご覧になって是非、一度、訪問するのも良いように思います。

今回は本当に久しぶりでしたが、縁を感じていた千住先生とご家族のお話でした。

※金谷美術館 http://kanayaart.com/index.php

またも那覇・牧志公設市場に行きましたが、匂いが駄目なままです。

f:id:o-kenya777:20160807124346j:plain

f:id:o-kenya777:20160807124408j:plain

少し前にまた、沖縄の本島に行ってきました。今回は珍しく知り合いを案内しての沖縄

旅行となりました。宿泊施設も国際通りのすぐ近くでしたから、案内で第一牧志公設市

場も案内しました。夏場ですから客もそこそこいました。しかし、蒸し暑い。それなり

に慣れているはずですが、市場のあの独特な匂いには、負けてしまいます。あの匂いは

何の匂いなのか、いまだに理解していません。単純に生臭いわけではないし、肉の匂い

?なのでしょうか。

 

豚の顔はともかく、置いてあるものは、どれも美味しそうで特に新鮮な海産物は買って

二階のお店に持って行って、食べたい気が前々からしています。今度是非、やろうと思

いますね。セミエビや鬼ヤドカリは食べてみたい。今回の旅行でももう、お土産も買う

ものもないかな、と思っていましたが、30年物の泡盛があったので、ついつい買ってし

まいました。絶対に沖縄で飲んだ方が美味しいのですが、誘惑に負けた感じです。

 

これはまだ、開封されずに家のストックになってます。泡盛は他に3,4本はあるのか

な。ワイフが少しだけ飲んでいましたが、アルコールが強いって言ってそんなには飲ん

でないようです。度数の高いのしか、買ってないですから。

 

今年は後1回、沖縄行きたい気分です。はまるにはまる沖縄。本当に不思議な場所のよ

うに思ってます。不思議なのが、沖縄に行くと、落ち着くんですよね。なんでだろ。

 

一宮で東京オリンピック、サーフィン競技、開催決まる!

f:id:o-kenya777:20160807122355j:plain

f:id:o-kenya777:20160807122408j:plain

久しぶりのブログですか、書きたいことが出来たので、書きます。2020年に開催の東京

オリンピックですが、サーフィンが競技として追加となり、会場が千葉県の一宮になり

ました!これはある意味非常にうれしいことです。場所としては神奈川の方が人気があ

ったように思いましたが、今までの実績や波の状態等を加味しての判断だったように思

います。混雑はするのでしょうが、地元民としてはうれしい限りです。世界のサーファ

ーが一宮に来て、オリンピックの協議をする、なんてワクワクするイベントでしょう。

 

自分はサーフィンは経験はありませんが、ボディボードでの感覚を言えば、単純に乗っ

て滑るだけでも非常に楽しい。ですから、ああやって自由に波に乗れたら、本当に楽し

いのだろうと勝手に思ってます。一宮近辺も本当にサーファーが多い。ショップも道路

沿いにかなり、ありますし。

 

いずれにしても、本番はこれから。茂原の市内の宿泊施設も20年は混雑するんでしょう

か。なんか下らないことを今から考えていますね。日本も高齢化が進み、若い年代が

少ない時期に、こんなイベント、特にオリンピックなどと言う国際的なイベントで地域

がにぎやかになるのは、良いことのように思います。

 

地元のサーファープロも生まれているとのこと、本当に楽しみです。是非、成功裏に終

わって欲しいし、地域の皆さんも元気が出ると良いですね。

九十九里浜には、散歩をするとハマグリが転がってます

f:id:o-kenya777:20160630120612j:plain

f:id:o-kenya777:20160630120635j:plain

散歩を毎日20分以上はしないといけないと言うことで、大多喜県民の森とか、歩いて

いましたが、風景も変わらず、そんなに楽しくもないので最近は海岸を散歩してます。

サーファーや釣り人もいますし、なんだろ、家族でピクニックみたいにチェアを持って

来てビーチパラソルを開いて、寝てたりしてます。まだ、海開きではないので流石に

泳ぐ人はいませんが、海岸でピチャピチャ、子供が遊んでたりします。

 

それで海岸を40分ぐらい歩くのですが、波がある日だと海岸にハマグリが打ち寄せ

られていたりします。本ハマグリではなく、朝鮮ハマグリのようですが、でかいのだと

幅が10㎝以上の大きな生きた貝が打ち上げられてます。本当にこれは驚きです。

「なんて豊かな、豊饒な海なんだろう」そう、思ってしまいます。40分歩くと、そ

んな時は、3、4個かな。自分は今は取る気がないので蹴とばして、海に戻してます。

 

食べたら絶対美味しいと思いますね。前も書きましたが、これを専門で業者さんでなく

ても、朝鮮ハマグリ取ってる方がいますから。漁業権ないと本当は取ったらいけないの

でしょうが、黙認なのかな。

 

いずれにしても森よりは海の方が散歩は飽きませんね。海は本当に大好きですから。

広いところ、波が毎回違う形で打ち寄せたりが良いのかもです。久しぶりでしたが、

今回はこのぐらいで。

BABYMETALは超一級品のパフォーマーだった!!!

f:id:o-kenya777:20160508221722j:plain

f:id:o-kenya777:20160508221739j:plain

しばらくブログも更新する気もなくて、書いていませんでしたが、ここ数日、驚いたこ

とがあったので書きます。自分は小学校の頃からロックを聞いていますので、もう40年

以上聞いてることになります。前にも言いましたが、ストーンズツェッペリンが大好

きですし、ハードロックが大好きです。その自分が驚かされたのが、BABYMETAL!

名前は知っていたのですが、少しだけ聞いて止めていました。どう聞いてもヘビメタに

は思えませんでしたから。それが聞いてなかった理由です。それでも海外のロックグル

ープに人気でしたし、ビルボードの40位以内に坂本九さん以来でランキングと言うこと

でしたので、気になって色々調べ、また、Youtubeも見ていました。

 

それで完全にハマりました。いやー、確かに従来のヘビメタではないのですが、ライブ

パフォーメンスが凄かったのです。こんなパフォーマンスが出来る子たち(失礼)とは

夢にも思っていませんでした。この実力なら海外でも受けて全然不思議ではありませ

ん。バックバンドもなかなかです。実力があるのが、もう、はっきりわかります。

最初はスクリームと呼ばれる脇の2人、ゆいちゃん、もあちゃんに完全に惹きつけられ

ました。このダンス、半端じゃないです。もう、完全に切れ切れです。Perfumeを最初

に見た時よりもかなり凄い。こんなダンスを数十分大人が踊り切れるはずがない、ダン

スを常時してます。いやー、ぶっ飛びますね。こんなの見たことない。二人とも16歳。

相当レッスン積んでます。並みのダンサーじゃ絶対に無理です。そして、めちゃめちゃ

可愛い。可愛いってのはもちろんロックに関係なかったのが、今までですし、ロックは

ダンスに合わないと言われてきました。ですから完全に異次元、異文化なのです。

そして、ボーカルがゆうちゃんですが、毎回生歌です。最初、え?!と思いました。

あんなダンスをしていて歌えるわけがない。でも、彼女はいつも歌ってます。それも

本当に綺麗な声で。これ、完全に新時代だと思いましたね。従来にないヘビメタ。

ヘビメタじゃないのかもですが、ジャンルを超越しています。生きていて、こんな

カルチャーショックに合うとは夢にも思っていませんでした。ロックフェスでも5,6

万人いる観客の前で動じることもなく、パフォーマンスしてます。まるで楽しんでいる

ように。

www.youtube.com

www.youtube.com

 

 

 

日本からこんなグループが出て本当に嬉しいです。ダンスの振り付けも例のMIKIKO

生、彼女なんです。「やっぱり!」と思いましたね。そう、Perfumeの振り付けさんで

す。もう、興味のある方はYoutubeで欧州や米国でのステージも是非見てください。

絶対に驚きます。この9月は絶対にコンサート行こうと思ってます。楽しみです。

 

 

今、九十九里浜ではチョウセンハマグリが取れます

f:id:o-kenya777:20160430160202j:plain

f:id:o-kenya777:20160430160223j:plain

f:id:o-kenya777:20160430162310j:plain

先日、天気の良い日に九十九里浜に行ってきました。自分の車は一応、オフロードも

OKな4WD・SUVなので砂浜でもOKです。行ってみると案の定、道の脇でスタックし

た乗用車がいて、スコップで車輪の部分を掘っていて、もう1台の軽四輪で牽引すると

ことでした。いつもの浜に行ってみrと、人が随分います。「ははぁ、なんか取れてる

な、チョウセンハマグリかな」と思ったら、その通りでした。

 

ウエットスーツを着て、爪の付いた金属のカゴを引っ張っているおじさんもいたので

入漁料を払っている方かも知れません。いくら、チョウセンハマグリの値段が高いと

は言え、本格的に採ったら、漁師の皆さんに怒られます。でも、簡単な道具やっていた

連中も量はそこそこ取れてました。多分、貝がここに寄ってるのでしょう。奥さんと

それでしばらく、浜辺を歩いていたら、見も知らぬおじさんが、大きな熊手のような

道具を差し出して、「やってみない?」と言っていました。「え?」とは思いました

が丁寧にお断りしました。今は自分は思うところあって、短髪なので、どうみても

893に見えます。奥様、いわく、「893のような貴方に、よく声かけたねぇ」まあ、

確かに冷静に考えれば、そうなのですが、「ほっとけ!」と答えました。まあ、どう

でも良いんです、はい。

 

そんなわけで数キロ浜辺を久しぶりに歩きましたが、本当に気持ちが良い。もともと

海は大好きですから。みんな貝が取れたせいもあって、ニコニコしてました。貝は

砂出しが面倒なようですが、絶対に美味しいと思います。結構、幸せな数時間でした。

 

三菱自動車は何故、不正に懲りないのか

f:id:o-kenya777:20160422122447p:plain

f:id:o-kenya777:20160422122458j:plain

写真引用:三菱自動車HPより

 

またまた、三菱自動車での燃費に関する不正が出てきました。前のトラックの車輪が外

れる不正隠匿の際も本当にひどかった。今回は車両を供給している日産からの指摘で急

遽報道対応をしたようです。しかし、酷すぎです。社長らの会見では関係する一部所の

部長が原因のような言い方でしたが、仮にそうであったも自社での不正ですよね。当事

者な訳ですよ。それをあんな言い方で良いのか、と言う疑問もありますが、何故不正を

すれば、それは将来大損失になると言う単純なことが理解出来ないのか。折角、良い車

を持っていたとしても、それも「どうせ何か、誤魔化して宣伝してるんだろ」そういう

ことになります。

 

この辺が全然理解出来ていない。良く「部分最適」という言葉を耳にします。日本は部

分最適は得意だけど、大局的な物の見方は得意でないと言う話も耳にします。大前提

として、不正はいずれバレるのです。よくバアちゃんが昔言ってました。「悪いことを

して隠していてもお天道様がちゃんと見ているだから、したら駄目だよ」と。まさに

これです。本当にいい教訓だと思いますね。世の中、そういう意味では、ちゃんとバラ

ンスが取れるようになっているんです。ですから、悪いことは出来ない。これが何でわ

からないのでしょう。バアちゃんに聞かなかったのかな。(笑)そして、不正は企業の

場合、本当に大損失に結び付きます。一時、車が好調に売れたなんてレベルと比較にな

らない大損失になるわけです。申訳ないですが、完全にお馬鹿です。大企業とあろう

ものが、そんなことも理解出来ていないなんて、本当に情けない。もう、10年単位で

三菱自動車は駄目でしょうね。残念ですがそうなります。自業自得、もう仕方ないです

ね。頑張っていた様子も見えていたのに。仕方ないです。

 

 

大天才、プリンス、57歳で死す!

f:id:o-kenya777:20160422111510j:plain

f:id:o-kenya777:20160422111523j:plain

写真引用:ウィキペディア

 

暫く事情があって、ブログを書いていませんでしたが、今日、プリンス急死の訃報を耳

にし、どうしても書きたくなり、これを書いています。自分は58歳、プリンスとは1歳

違い。数多くのミュージシャンを聞いてきましたが、天才と言えば、もうプリンスで

す。歌も非凡なものがありますし、ギターもかなり好きでした。「パープル・レイン」

も映画館で何度か見ています。結構、ハマりました。なんて言うんでしょうか、センス

が良いし、耽美的です。ギターもいわゆる、泣かせる奏法がかなり良い。でも彼は背が

小さいです。確か、157㎝。でも普段は小さく見えないし、高い靴を履いてますから、

そんなには小さく見えません。一説には身体の大きさに対して、ギターがそれほど大き

く見えないので、特注品のギターだったのでは、ないかとか。今思えば、もうそんな

のは彼の価値を下げるものでもなく、どうでも良いのですが。いずれにしても21日ミネ

アポリス近郊のの自宅のエレベーターの中で意識不明で倒れており、そして、亡くなっ

たそうです。

 

もう、それを見て、がっかりなんてもんじゃないです。完全に落胆ですね。歳がいって

いても、もっと彼を見ていていたかった、そんな気分です。Youtubeでも見直したりし

ましたが、正直泣けてきます。当分、彼ほどの天才は出てこないでしょう。それほど

才能あふれるミュージシャンでした。見た瞬間、カッコいい。そう思える人間でした。

一時期、相当一部の人間には嫌われていたようですが、非凡な人間には、よくある話で

す。少し前のボウィと言い、プリンスと言い、巨星がどんどん消えていく感じです。

やはり、一時代終わっていく感じですね。それは仕方ないですが、57歳はまだ、若過ぎ

る。あまりにも若過ぎます。天才ゆえの早死になのか。そんな気さえしてきます。

いずれにしても亡くなったのなら、どうしようもないです。是非是非、安眠してくださ

い。そして、プリンス、今までどうもありがとう。合掌。

www.youtube.com

女子中学生の誘拐事件で思う

f:id:o-kenya777:20160405055753j:plain

f:id:o-kenya777:20160405055806j:plain

写真とは、まったく関係のない先日の女子中学生誘拐事件の話です。2年間逃げること

が出来なかった件で、それなりの不思議感を持った方と「何で逃げない?何故、逃げれ

なかったのか」と言う批判の声も出てきました。それに感じて少しだけ、考えてみたい

と思います。今回の誘拐事件は本当に不可解で不思議な部分が沢山あったように思いま

す。ですから、そういう意味では一般的な方が想像出来ないことが多々あったのだろう

と推測されます。そして誘拐の対象者は少女でした。そんな風に考えると確かに不思議

で理解出来ない部分があってもおかしくないのだろうと思います。そう言った意味から

すれば、誘拐された女の子がどんな精神状態であったかは我々は全く分かりません。

 

ひょっとすると精神的に追い込まれていかたも知れません。そうなってくると今回の件

も本当のところは本人たちにしか、分らないようにも思います。そうなってくると「

時間があったのに隙があったはずなのに何で逃げれなかったのか」と言う疑問、批判も

簡単には当てはまらないように思います。少なくとも少女は被害者で今も多分、すぐに

は立ち直れない状況なんだろうと思います。

 

昨今思うのは、社会の風習として、自分の意見を言うことが多く、また、下手をすると

自分の言っていることが正しいと言うのを大前提で色々声を大にして言う方が増えて

いるということです。こんなに社会も複雑になり、個々の価値観が多種多様になってく

れくるほど、「私の意見が正しい」なんてことはなかなか言えなくなります。第3者に

とって見れば180度違うことが稀でなくなっているのですから。そう言う意味では良い

ことを褒めるのは、まるっきり問題がないですが、批判めいた話をする場合は絶対に

独善的にならず、相手の立場を良く理解したうえで、色々お話をしたいものです。

そうでなくても嫌な話は社会を暗くし、人を傷付けたりがあるわけですから。最近感

じているのは他人の失敗には厳しい人が多いような、そんな気がします。