気になるトピック&ニュース少し掘り下げブログ

沖縄の大好きな中年オヤジですが、ブログで色々取り上げています。(笑)

雑・大学時代の秋田での生活は

前回、大学時代の秋田でのお話をすると決めていたので、今日、それをしようと思いま

す。今思えば、なんだかんだ言っても人生の中でも非常に貴重な時間だったのは言うま

でもありません。仕事も大学での専攻を使ったお仕事でしたし、別れたとは言いながら

もよく出来た奥様も秋田で見つけたわけなので。ただ、1つだけ当時から気になってい

た部分が残っていて、それが結局は熟年離婚にも結び付いた気がしています。さて、

お話を秋田に戻すと最初に一番住んで驚いたことは冬場の雪が地面から舞い上がってく

るということ。そうです。秋田は風がかなりあったので横殴りの風のために降雪が下か

ら舞い上がってくるのがかなりありました。当時、アパートにはお風呂なんてなかった

ですから大学近くの「手形の湯」に行くのですが、冬場は本当に風が強くて寒い。

ぶっちゃけ湯上りの濡れた髪の毛が寒さで凍結したこともあったのです。その由緒あ

る「手形の湯」も2009年には廃業したとのこと。明治時代からの銭湯だったので非常に

名残惜しいのですが、時代の流れにはどうしようもなかったでしょう。

 

2つ目は何にしようか、悩みましたが、美人さんが多いをあげます。大学も教育学部

確か6割とかが女性。そんなわけで地方から出てきただろう美人さんがかなりいまし

た。一番は多分、高校生が美人が多かったように思いますが、年齢が行くと地元を離れ

る方が当時は多かったと見えて、大学では少し割合が減っていたように思います。まあ

桜田淳子さんが秋田美人とか言われていますが、お顔の感じは何といっても佐々木希

さんでしょう。大学の中にもかなりの美人さんがいて結構有名でした。しかし、当時は

何故か自分は彼女を作ろうとか最初はあまり思っていなかったのです。途中からでしょ

うか。当時は今だから言いますが結構、もてていました。アルバイトで駅前にあった

「鎌田会館」で鍋料理のバイトをしたことがありましたが、おばちゃんにですけど、

「いい男だ」と褒められたことが何度もありますし、更に言えば、多分、ホストだろう

と思っていますが女性の社長にスカウトされたこともあったのです。まあ、若かったか

ら、それででしょう。独身寮の「北光寮」にいたときは看護学校生や短大の女性から

のお誘いがありました。当時はそれが普通だとばかり思ってたし。

 

3番目はお酒、飲酒のお話です。当時は未成年の大学生も飲んでOKだったように思いま

す。自分の入った学科では観桜会が新入生対象に開催され、例の千秋公園に毛せんを

設置して、その中でやっていました。どんぶりで冷酒を飲み干す、なんてのを一般市民

が見ている中でやっていました。これはどう考えても大学生の飲酒が当時は秋田では完

全に許されていた確固たる証拠でしょう。今は大分変ってしまったようですが、当時は

川反が栄えていて、たまにですが、大学生でも飲みに行ってました。当時は人手がか

なりあった感じです。なんせお酒の値段に「学割」がありましたから。信じられます?

学割ですよ、学割。ん、お話があっちこっちに飛んで長くなってるので、今回はここで

一旦、休憩です。なにせ40年もの前のお話。嘘のような本当のお話です。

大学の授業中に鍋食べてOKのお話から

大学に関わるニュースを見たので最初は自分の大学の話もしようと思います。当時は国

立大はⅠ期とⅡ期があって、自分は残念ながらⅠ期は不合格で親からは大学は国立で

浪人も駄目と言われたため、秋田大学に行ったわけですが、秋田の地は結果、素敵な場

所で別れたとは言いながらも元ワイフとも素敵な恋愛も出来て、ゴールも出来たので

結構良かったなと思っています。ただ、お酒では相当苦労しました。当時は未成年で

も完全に秋田の地では飲酒がOKだったのです。今思えば信じられない環境だったで

しょうね。元ワイフも普通にお酒を飲んでましたし、顔に全然でない。秋田での驚く

べき経験がまた、別枠でお話します。

 

さて、今回のお話、詳細は省きますが、大学の授業で自分の講義では鍋も食べてOKだ

し、本来授業もそうあるべきと言う先生の指導に基づき、遂に授業中に鍋を食べる学生

が現れたというお話でした。老人の自分からすれば「なんじゃ、こりゃ!?」です。

自分の持っている常識や慣例からはあり得ないお話だからです。その先生は多分です

けど、SNSに投稿し、若者からは賛同のコメントと逆のコメントもあったとか。驚いた

のは事実ですが、賛同者の意見の中には「自由とはそういうもの」と言った意見もあ

ったようですが、自分の感覚では「それって自由ってことなの?」と言う雰囲気なの

です。もし、自分の受け取り方が間違っていたら、ごめんなさいなのですが、大学生

ってまだ、親の扶養のままでしょが大前提にあるからです。

 

そう、ご両親が高い?学費を出して学んでいる時間帯に食事をして授業の内容は本気

で確実に理解出来るのか、なのです。授業の内容はどうも比較的柔らかな授業内容だ

ったように思いますが、それでも真剣に聞いていたら、その最中に食べ物を食べるは

自分には出来ないのです。そう、無理。授業内容がソフトな内容だったとしてもメモ

は取ると思うし、それで理解を深めようとしたら、他のことは自分は出来ないのです。

そうなってくると授業を確実に理解して自分の物にするという行為が最優先事項だと

したら、食事は一緒に出来ない。これが自分の結論です。このニュースを正しく理解

しているか、は疑問の残る部分ですし、大手を振って大宣言したいわけでもなく、か

と言って自分には出来ないことだったので、ここで取り上げました。

 

能登半島地震の凄まじさと被害復興のニュースを見て

能登半島地震の被害は、その詳細が分かるほど、その凄まじさに驚くことが多いと思っ

ています。家屋の倒壊もそうですし、津波の高さも5㎡を超えていると聞くと、ぞっと

するもんじゃないです。地盤が4㎡も隆起したことも相当驚き、更にはそれが漁港であ

った場合は素人ながらに復旧出来るんだろうかと思ってしまいます。一方、仕事柄、自

然を相手にしてきた自分の知識からすれば、自分の住んでいる房総半島も過去何度も

地震で隆起したのを知っていますし、地球の年齢が46億年ともなれば、過去のどれだ

け人間が想像も出来ない天変地異が会ったかと思うと、そこからの判断ではあっても

不思議ではないお話になりますが、実際の今回の地震津波の被害を見たら、そんなこ

とも何も言えなくなります。

 

多分、地方自治体の方々も復旧について頭を痛めていることでしょうし、徒歩でないと

被害に遭われた方々に必要な物資を運ぶことが出来ない様子を見ると、それにあたって

頂いている自衛隊を始めとした方々には心から感謝したいし、涙が出るほどありがたい

です。一方、被害総額が2.4兆円を超えるとかそんな話が聞こえてくると被害に遭った

方々で地元を離れたくない方も多いと聞くと、いったいどうやって復興するのだろう

と自然に思ってしまうわけです。そもそも日本はもともとは国の予算がある国なわけで

こんな時は増税して潤沢に予算があるわけですから、そんな風に予算を使ってほしい

と思います。そう、それが日本がとるべき政策でしょう。本当に困っている方々に救い

の手を差し伸べてほしい。先ほど、yahooニュースで被災した方々に配るお弁当の写真

を見ました。内容が酷すぎて腹が立ったほど内容の酷いお弁当でした。被災した方の

楽しみなんてのはゼロでしょうから、せめて食べ物は普通か、普通以上の物をお配り

してほしいです。こんなのを自分は被災した方々に配るなんて出来ないです。

 

お話が飛びますが、どう考えても自分の思う日本人の行動でない事柄が多過ぎて、本気

で悲しくなってます。政治もそう、お役所の仕事も全部ではないですが、そういう面も

見えています。こんなの日本人の普通の感性ではありえません。あり得ないことが普通

のように行われる。政府の進めている外国人の受け入れも同様でしょう。安直すぎま

す。話題が飛びましたが、能登半島ではまだまだ被災後、生活に困っている方が大勢

いるのだと思います。そんな方々に一刻でも安心出来るように政治も民間も活動して

欲しいです。被害にあった場所でそれに乗じて半残を行うなんて絶対にあってはいけな

い。それに乗じて儲けようと思ってもいけない。それを強く思いました。

米国副大統領の発言「人口を減らして」子供たちが良い環境で暮らしていけるを踏まえて

米国副大統領のカマラ・ハリス女史がコピン州立大学を訪問した際に「クリーンエネル

ギーと電気自動車に投資し、人口を減らことで、より多くの子供たちがきれいな空気を

吸い、きれいな水を飲むことができるようになる」と発言したことがセンセーショナル

に報道されています。バイデン大統領の同様の大失言とされていますが、これは本音と

捉えても間違いないと自分は思っています。これは、世界経済フォーラムを主宰するク

ラウス・シュワブ氏が、「役立たずで食べるだけの人間」を削減するという恐ろしい発

言をしたという発言に基づいています。この発言はツイッターにてシュワブ氏の姿と彼

の発言とされる文章が掲載されているからです。その内容は「少なくとも40億人の『役

立たずで食べるだけの人間』は戦争、作られた即効性の不妊病の蔓延と飢餓によって

2050年までに削減されなければならない。」というもの。彼は例のキッシンジャー

教え子ということから、こんな発言もあるかもです。

 

そう考えていくと、ここ何年かの日本での超過志望者数の異常な増加も関連があるよう

に思えてどうしようもないのです。去年4月の前松野博一官房長官のそれに対しての

原因不明も疑わしくてどうしようもない。そもそもコロナワクチンでの健康被害者の

存在を認めていないわけで、何故、世界中に公表されているコロナに関する論文も一切

認めないのか、不思議に思ってます。そこで出てくるのが意図的に無視か、と言う部分

ですね。どうしてもそんな考えに行きつきます。こういった事実を陰謀論のように言う

方もいますが、今の日本は食品の自給率が4割程度。そして米国等からあまり安全でな

い食品の輸入を政府がOKを出しています。そんな国が日本。マスコミも私から見れば

必要で正しい報道をほぼしない。もちろん、N〇Kも含めて。ですから日本人は頭が

良いし、人間性も良いと言われていますが、実のところは外国が儲けるための、ある意

味、家畜めいた存在と言っても良いかもです。

 

自分は本当に申し訳ないですが、出来るだけ、国産の小麦や野菜しか食べないようにし

ていますし、加工肉もほぼ食べません。別に長生きしたいわけではなくて、自然死した

いからなのですが、コロナ等で外出もかなり減り、猛暑で心不全になったので自然死も

難しいかもですが、なんとか頑張ってます。今、いろんな意味で各国の政府の上に機関

が設置されようとしています。そう、そういうことを計画している頭の良い人間がいる

のです。是非ともそういう点にも気付いてほしい、そう思います。

 

JAXAさん、月面着陸、おめでとうございます

まずはJAXAさん、月面着陸おめでとうございます。国としては5番目ですから、自分

が思うに相当悔しい思いをしていたのではないか、と勝手に思ってます。限られた予

算の中でとは、言いながらも米国、旧ソ連の後は普通は日本がと思っても普通でしょう

から。なんとなく技術者としてJAXAの方々のお気持ちは分かる気がします。そうそう

JAXAとは宇宙航空研究開発機構(Japan Aerospace Exploration Agency)という政府機

関で年間予算が2200億円ちょっと。人員が1600名弱の組織です。NASAの年間予算が

2.7兆円、人員が18000人弱と比較すると、ほぼ10分の1以下となります。現在はGDP

でも日本は世界5位のようですから、科学技術に割く予算はかなり厳しいのだと思いま

すね。月面に軟着陸出来た月着陸実証機SLIMの着陸が成功して、JAXAの方々は胸を撫

でおろしたのではないでしょうか。またまた、勝手な想像では「やっとタスクが達成

できた」そんな感じに勝手に思ってます。

 

自分も子供の頃から宇宙開発は憧れの分野でしたし、小学校の授業でだったと思いま

すがNASAアポロ11号の月面着陸を視聴覚室のTVで見た記憶があります。また、日

本のロケット開発が確か、糸川英夫先生の開発したペンシルロケットだったことも本

で読んで知ってました。戦後開発された本当に手の平サイズの超小型ロケット。そこ

から日本のロケット開発が始まって、月面着陸成功ですから1955年のペンシルロケッ

トの実証試験開始から約70年後の月面着陸と思うと本当に感動に堪えません。多分

若い方もそうでしょうし、戦後生まれの自分からすれば大東亜戦争で日本は本当に壊

滅的な状況になって、それでも今があるのです。そんな阿保なと思う方もいると思い

ますが、本当に日本は米国に叩きのめされて、2度と復興出来ないだろうとまで思わ

れていたようです。それが戦後30年で完全復興し、奇跡の復興とまで言われたのが

日本なのです。

 

少しお話が飛躍しすぎましたが、さっきの糸川先生のお名前は例の探査機はやぶさ

サンプルの採集に成功した小惑星にも名前が付いています。そんなのを思うと本当に

感慨深い。もう1度、JAXAの関係者の方々、お疲れ様でした。今後のご活躍、心から

期待してます。

www.youtube.com

松本氏のトラブルからいつも思うこと

外に出て気付いたり、今は便利でネットで外気温も見れますし、室内の温度計と湿度計

を持っているので、概ね冬の寒さは分かっているのですが、今年はどうも寒すぎです。

昨日は外気温-3℃の表示が出ていましたから。過去10年ぐらいの最低気温を見ても

マイナスの気温なんてのは、ほぼないのです。寒くて震え上がっていました。やはり

本気で沖縄に逃げないとです。さて、今回のテーマですが、はっきり申し上げて自分は

松本氏が何故か、最初から好きでない。もっと言えば嫌いかな。そこの理由はどう説明

していいかがあるのですが、好きじゃい。全体的に。まあ、TVで昔、見ていた時は

笑っていたことも確かにあるのですが、もっと言えば自分は浜田氏も好きじゃないから

ああいった関西風のお笑いが駄目なのかもです。

 

さて、今回のトラブルの件、彼を叩くつもりもなく、6歳上の私からすれば、言い方が

当たっているか、わからない部分もあるとは言え、何でもっときれいに遊ばないの?

です。どう考えても「合意があったから」の言い方はそれが本当に松本氏が言った言葉

だったら、本当に恥ずかしい。突っ込んで言えば「全然わかってないじゃん」です。

自分も裁判は以前の仕事の関係で何度か経験ありますが、その時に弁護士さんの言って

いた言葉、「裁判は最終的にどうしようない場合はしますが、そこまでトラブルを以っ

ていっては駄目なんです」との言葉に強く共感しました。裁判は運が良いと言います

か、当たり前と言いますか、勝訴ですが、本当に気持ちが悪かった。勝ったからと言っ

て決して気持ちの良いものではないのです。

 

今回の件は女性がらみ。芸人さんはもてるので、そういうのは普通にあるのでしょう。

しかし、報道されている内容としては、こんな遊び方はどう考えてもカッコよくない。

もっと言えばブザマです。もてるし、大人気でしょうから、若手にお膳立てなんてさ

せないで綺麗に女性を楽しませて綺麗に遊ぶのがなんで出来なかったの?です。少し

だけ突っ込んで言えば、かなり気に入った女性になら、雄はその時は「俺の子、

産んでほしい」は自分はあり得るし、そう思ったことも過去ありました。でも、それ

は当方の感情ですから、それを相手に嫌がられてもどうしようもない。それが分かっ

ていたら、しつこく言わないことです。そこの対応も結果、失敗したということで

しょう。まあ、今までのお話も全部、ネット報道での情報ですから、どこまで本当な

のかもわかりません。でも今回の件は「合意だから」と言い方は全然解決になってい

ない。そう思います。

 

今後、彼が島田紳助氏のような行動を取るのか、分かりませんが60歳なら良い意味で

引退は1つの選択肢のように思います。彼も浜田氏も素晴らしい才能を持ったお笑い

と言われていますが、自分はそれが何故なのかわかっていないのです。TVに

ら、昔はチャンネル変えていたし、本気で笑えてない。不思議なことにとんねるず

は大好きで昔から大笑いしてみていました。過去彼らに対してかなりの批判もあった

ようですが、1ファンとして温かい目でずっと見守っていました。これも自分として

は不思議な部分ではあるのです。とりあえず。

開いた口が塞がらない自民党の政治

30年位前までは自民党が駄目な感じがあっても、それでも人材がいたようでおかしい部

分はあったものの、自民党は何とか政治が出来ていた感じがあります。しかし、今はも

う100%新規入れ替えないと駄目でしょう。意識がおかしいというか、一般国民の考え

方とかなりの差があると言いますか、完全に勘違いしている政治家ばかりで、こんな発

想が日本人から出てくること自体が信じられない。今まで何千年も続いてきた日本が音

を立てて崩されているというか、壊されてます。何の恥じらいもなく、そういうことが

出来ている輩が政治家になってますね。まあ、今の民間企業にしたっておかしな企業が

かなり多いですが。更に言えば、帰化して議員になってる人間が多いということなので

それを思うと某国が日本を乗っ取ろうとしてるとか、本気で考えたりします。

 

それと何故こんな感じになっているのか、全然理解出来てないのですが、政府機関の上

に、そう上位機関として財務省があると言い切る人がいます。これも何故こんな感じに

なったのかが全然理解出来ない。一番は国民が不幸であっても全く気にしないと言う

思想がどこから出てきているか、です。これは自分の分かっている日本人像から、か

なり逸脱しています。人間全員と言いますか、日本人全員が善人とは言いませんが、

他人の不幸で自分が成り立つという考え方が、自分には、どうしても成り立たない。

自分の場合、定年前に自主退職した理由もほぼこれです。そんなことでお給料を貰お

うとは思わない。思えない。しかし、今の人は全然違う。この点が過去を生きてきた

日本人の自分とは大きく異なる訳です。

 

自民党の大物議員が今回のパーティー券についての検察の動きを「検察のクーデター

か」と言ったそうですが、その発想自体が異常、おかしい。更に言えば、国民のため

の政治が出来ない輩は議員職剥奪が良いですね。ある方が言ったように議員総入替で

OKです。そもそも論の議員になってはいけない輩が議員になっていて、政治を全然

やっておらず、選挙対策とお金儲けしかやっていないとか、そんな感じでしょう。

岸田氏もどう考えても頭が悪いだけでなく、国民の不利益しか生まない。選挙の仕方

も最悪なのでしょう。選挙に行かない国民も責任ありますけどね。言ってる内容が

雑でばらばらになってきました。この辺でやめます。

能登半島の地震と津波被害を再度思う

能登半島地震津波の被害動画を見れば、どれだけ被害が大きくて道路網も寸断さ

て、海岸に近い街並みが地震津波、そして火災等で焼失してしまったのかを思うと

心苦しさんが全然消えない感じです。また、youtube自衛隊の方々が徒歩で崖が崩れ

、歩くのさえ難しい箇所に救助物資を身体のみで届けている姿を見ると、あまりにもあ

りがたくて頑張れ!とか手を合わせて拝んでしまいます。被害にあった方々は彼ら彼女

らの姿を見たら、どれでけ勇気づけられることか。自衛隊と同時に地方自治体の方々や

消防隊等救護に必死で頑張っている方々には心から御礼申し上げたい。

 

しかし、今回の件、地方自治体が組織としても人員規模としてもアップアップな状態で

すから国の支援が相当大事なはずなのですが、今のyoutubeでも自衛隊の救援人数が

約6100人態勢で防衛相の言う「最善そして適切に対応できている」というコメントの

意味と以前現場から出ている救援が足りないというメッセージとのギャップは何か。

一番気にしたのはある程度、人が集まっている個所に救援物資が届いていると仮定して

も、その先は車両等でなく、人力で運搬しないといけなかったら、決して「最善」や

「適切」という談話は出てこないのではないか。すぐに思うのは自己弁護、責任回避の

ためのコメントではないかと思ってしまうわけです。少なくとも現地の方が被災後1週

間も経過しているのに入浴も出来ない、物資も足りていませんでは救援自体が足りてい

ない感じに見えます。マスコミがそこは触れないので分かっていませんが、自衛隊

youtubeで見せてくれている徒歩での救援は担当大臣のメッセージの背景になっていな

い感じに見えます。

 

また、被災した方々を見ても本当のおとなしい。自分が今の年齢で同じ災害にあったら

不平不満を一切言わず、救援を黙って待っていられるかと言えば、そんな感じが全然し

ないのです。まあ、通信網も完全にダウンしていた時間もあったようなので、それも

伝えられなかった可能性もあるわけですが。しかし、日本人は本当におとなしい。信じ

られないぐらいにおとなしいです。珠洲市の動画ではもう積雪も映っています。寒くて

寒くてどうしようもない方々がいるかもです。それと山間の集落が結構ある感じに見え

ています。救援の方々は必死に頑張っているでしょうけど、空腹や寒さで生きる気力を

失っていないことを切に望みます。なんとか少しでも楽にさせてあげたい。

 

 

もう1度羽田衝突事故原因の話

ネット上では表記の事故について一番大事な事故原因の解明を後回しにして、同乗させ

たペットの荷物扱い等が話題となっていますが、旅客機等を実際に仕事としている方々

が団体として声明を出したように刑事責任の追及ではなく、2度と同様の事故を起こさ

ないための事故原因の追究が最優先のように思います。今回は悲しいかな、能登半島

援をしていた海保の方、5名が亡くなっているわけで一刻も早い具体的な事故原因とそ

の対策を早急にすべきです。何といっても人間の命に係わることですから。最初に1つ

だけはっきりと言いますが、今回の事故、例え海保の機長が管制官の指示を聞き間違え

たからといって即、起きる事故ではないのです。不幸にもいくつかの原因が積み重なっ

て起きえない事故が起きた、そういうことです。そこをマスコミはほぼ全然言っていま

せん。多分、意図的にでしょう。ひょっとするとそこに政治が関わっているかもです

し。

 

米国や英国で報道がなされているのに国内では報道されていないことが複数あるので

す。これは事実でしょう。今回、海保に関する情報だけが先行し、海保の機長、副機

長、関係する方々の氏名がほぼ最初から出ているのに管制に関する方の氏名は何も出

てきていません。これもおかしな話に思えます。実際の報道だとすれば、海保サイド

は自分たちが離陸して良いのだと思っていた節があるので、これは機長だけが勘違い

したのではなく、そんな言い方を管制官がしてしまった危険性があります。過去の飛

行機事故を見ても、この原因がかなりあるので可能性としては、そういうことなので

しょう。今、対応しましたと言っている管制側のレーダー監視員の設置もそういうこ

とっでしょう。最初からきちんと置いておけば事故は防げた可能性があるわけです。

 

そして思った以上に滑走路上に海保機がいた時間が2分間とか、長かったので危険な

場所にいることに気付いて海保機にすぐに滑走路から出なさいと指示していたら、

あるいは海保機に旅客機と同じ位置を知らせるトランスポンダが装備されていたら

誰かが気付いて衝突しなかったかもしれません。ですから、海保機長にも管制官

も責任はあるかもですが、その前に事故回避設備を問題のない状態で管理しておくべ

きだったでしょうから、そこの問題は更に上のポジションの方々の責任範疇というこ

とになります。そこは誰が具体的に責任を取るとかでなく、危険な状態、あるいは

本来、そうなっているべき危険回避装置を異常なく管理すべきで会ったという大きな

反省が欠かせないわけです。

 

日本は30年間も景気が悪く、様々なお金、あるいは公的な予算がないかに言われて

いますが、日本国民に直接関係しない膨大な予算執行があるわけで、それを欠かせな

い空港設備や海保等の設備更新に確実に回す必要があるわけです。もし、今の政府が

あるいはお役所がそれを出来ないなら解体して刷新すべきなのです。それが今の日本

に欠かせないし、必要だと思っています。

 

www.youtube.com

 

羽田空港衝突事故での違和感の内容に気づかされた ーyoutbue深田萌絵TV で気付かされたこと・整理出来たことー

,

表記の事故の件、様々な同じような報道ばかりが流れていましたが、本当は最初に気付

くべき事柄に気付かず、ぼうっとしていたことに気付きました。1つには能登半島地震

の被害が酷すぎて、悲惨極まりない画像や動画、地元の方にインタビューで心が乱され

ておかしくなっていたのかもです。今回の飛行機衝突事故も海保の機長の誤解で事故が

起きたのかもと動かない頭でなんとなく思っていました。空港の機能に付いてはそれほ

ど勉強はしていないのですが、航空機、特に旅客機についてかなり興味から知識吸収を

していたので最新技術満載かつ安全対策万全であるはずの旅客機が人の勘違いがあった

としても事故に繋がった原因が全然分かっていなかったのです。ただ、聞いておかしい

とすぐ思ったのが海保機が管制から停止位置での停止を命じられ、実際に飛行機同士が

ぶつかるまで2分間あったということですから、この2分間で危険に気付かなかったこと

が本当にあれ、と思った部分です。

 

海保の方々5名は既に亡くなってるし、1人脱出出来た機長も集中治療室で治療のままで

お仕事が能登半島の救援だったとなると双方悲惨でどうしようもない感じです。そんな

こんなで今朝、youtubeで大好きで信用している深田萌絵女史のご立腹のTVで当該事故

を扱っていたので見てみました。相当その内容はショッキングな内容で彼女が本気で怒

る理由も理解も出来、賛同もしたのですが、この国の政治の本当腐った部分が酷すぎて

こんな政治家をそのままにしておけないと強く思いました。それは国民の義務ですか

ら。彼女が今回の件でおかしい事実だろうことに気付いたのは米国や英国で報道されて

いる内容が日本国内に報道されていない点からです。

 

一番は羽田空港国土交通省の管轄ですから、管制官も公務員、そして空港を安全に運

営する役目を負っているわけで単に事故原因調査中でしながら、報道で海保機長の業務

上過失致死だけが意見集約のごとく、言われ続けるのは本当におかしいわけです。更に

旅客機は最新鋭のトランスポンダが付いており、1秒間に1度、自動的に位置確認が出来

るのに重要であるべき海保のボンバルにはそんなトランスポンダが付いていなかったと

いう報道が米国であったそうです。こんなにどうしようもない無駄な税金を駄々洩れ

のように国民にとって無駄使しているのに海保の重要な飛行機に位置確認も出来ない

状態にしていたのは誰なのか。そんな飛行機は世界的に見ても煩雑で多忙な羽田空港

使ったらいけないと誰でも思うことでしょう。

 

加えて滑走路の移動警告灯が壊れて使えなくなっていたという報道も海外であったとの

こと。仮にですが優秀なパイロットですから着陸態勢に入っていても滑走路の警告灯が

点滅していたら、それに気付いて着陸を回避していたかもです。あくまでも可能性で

すが。多分、管制官も真面目だろうし、仕事はマニュアルに則って、しっかりやってい

たと思いますが、海保機の進入に気付けなかった原因がどこにあったかです。警報装置

も壊れていて、位置を自動送信するトランスポンダも付いてなかったら、人間のミスを

打ち消すことが出来ないじゃないですか。どう考えても国土交通省の管轄官庁としての

不具合がそこにはっきりと存在しています。それを国の上のほうが情報操作と報道制限

で意見誘導しているとしか、思えません。本気で頭にくる。たとえミスがあったとして

もそれを避けるために対策がなされているはずがなされていない。

 

更に言えば国交省が報道機関に流した管制官パイロットの交信内容も海外で報道され

た内容やマニアが録音した会話と異なってるとのこと。なんで交信記録を役所が改ざん

するのか、いい加減にしろ!です。確かに海保機長はミスをしたかもですが、それを

守れるべきシステムが全然起動していない、そんな管理を許していた輩が国の中に

いるという事実です。どう考えても異常警告灯なんて壊れたら即刻修理が普通です。

深田女史も30年間日本経済が停滞している原因を政治家だと内部情報も踏まえて、怒

っていっていましたが本当にそういうことでしょう。いい加減にしろ!です。責任者

は全員島流しで強制労働!これがいい!

www.youtube.com

www.youtube.com

篠山紀信さん、亡くなる・合掌

どんどん我々の時代を作った方がお亡くなりになっていますが、今日は篠山紀信さんが

お亡くなりになったニュースを目にしました。80歳を超えていたので寿命と言えば確か

に寿命ですが、とうとう亡くなったんだなと言った感じが強いです。作品としては「サ

ンタフェ」が有名ですし、当時の宮沢りえさんは18歳ともう輝かんばかりの美しさだっ

たのでそれも当然であったのでしょう。自分が一番彼の名前を聞いて思い出すのは雑誌

GOROの冒頭写真集のような連載特集をやっていて、そこで若い魅力的な女性が多々登

場していたことです。この写真は本当に情熱的と言いますか、目にしたら10代であった

ろう自分の身体がかっ!と急激に熱くなったほどです。更に言えば、こんな写真どうや

ったら撮影出来るんだ?と相当不思議に思っていました。かなり羨ましかったのかもで

す。

 

もう1つのお話が彼の奥様が南沙織さんであったことでしょう。当時の自分の中では南

沙織さんは特別でこんな素敵な女性どこにいたんだ?そんな感じでした。確か彼女は沖

縄生まれ、沖縄育ち。後にも先にもこんな素敵な女性はいないと言った特別な感じでし

た。今でも彼女のヒット曲「17歳」は思い出すとメロディが頭の中で流れるし、歌えま

す。そんな彼女が篠山紀信さんの奥様になったのですから、「え!」と思ったのと同時

に「やはりな」とも思ったのです。この「やはりな」は相当数の魅力的な女性をお仕事

でとは言いながら目にしてきた彼がどんな女性を伴侶にするか、そこがかなり気になっ

ていましたから。彼は髪の毛がぼうぼうの感じで見かけ全然素敵に見えていないのです

が、あの写真からして相当魅力的な女性を短時間で刺激的な雰囲気に変えて撮影してい

たのは、間違いのないことだろうからです。ですから南沙織さん、シンシアが紀信氏の

奥様になったことを聞いた時は「やはりな、やはりそういうことなんだろ」と勝手に納

得していたのです。

 

多分、20代になってからだと思いますが、魅力的な女性の写真をどうやって撮影してい

るかのインタビューが雑誌に掲載されていて、それを読んで「やはり、そういうこと

な」と変に納得していまっていました。詳細は言いませんが、紀信氏の撮影はどうみて

も撮影対象の女性を自分の彼女にした雰囲気でないと撮影出来ないと思っていたので。

具体的な行動はともかく、あの写真の熱さはそういうことだったのでしょう。今思い返

しても完全に私の1時代を飾ってくれた篠山氏、急に亡くなったそうですが、心から感

謝いたします。合掌。

奥能登の悲惨な現状報道や物資が届いてないのが事実とすると

羽田空港での衝突事故に目を奪われていましたが、奥能登での地震後の対応が出来てい

ないと言った報道がかなり見受けられます。各自治体が被害の全容を早期の段階から把

握出来ていない報道が出ていましたし、道路も橋も寸断されて救援に必要な車両も物資

も届いていない感じがします。それに申し訳ないですが、岸田氏がこの対応を出来る気

がまったくしないのです。今日、ヤフーで目にしたニュースでは被災後、自分のお子様

が3日間食事を全然取れていないという話。はっきり言えば嘘の報道も多いのでそれは

頭に入れておかないとですが、現代の日本でこんな状況が起きてること自体が信じられ

ない。地震の今までの発生件数を見ても信じられない数の地震が起きているし、それで

2次災害等も起きてるでしょうから、本当に生死の境をさまよってる被災者の方々が沢

山いるのだと思うとどうしたら、そんな方々を救えるのか、心がめちゃめちゃ痛みま

す。人の心を持っていない方が為政者になってはいけないのです。政府の対応が全く

見えてこない。

 

過去の事例で言えば、緊急に対策大臣を立てて対応したこともあるし、対応する責任者

を決めて対応を早急にしたこともあると思います。実際の災害対応とマスコミ報道が合

致しているか、わかりませんがなんとしても今苦しんでいる方を早急に助けてあげてほ

しい。詳細分かりませんけど災害の規模からしても頼みの綱である自衛隊は1000人、

2000人では全然足りない気がします。被災した写真や動画を見るともう全壊になってる

地域が多々あるじゃないですか。地震だけでなく津波の被害までも。もうマスコミも

地震の原因がどうのこうのでなく、親身になって被災した方々が助かる、あるいは少し

でも楽になる貴重な報道をお願いしたいです。本気でそう思いますね。注目を集めるニ

ュースでなく、人命を助ける報道が欲しいし、必須でしょう。画像を見ていて被災した

方のお話を耳にしていたら泣けてきました。可哀想なんてもんじゃないです。この世の

地獄、そんな感じです。今は多分ですが地方自治体等で対応出来ないので個人からの救

援物資は受け付けていないとのこと。それから企業に頑張ってもらうか、国に大々的に

頑張ってもらうしかない。こんな現状なら何十億円単位の予算では全然足りないのは、

はっきりしています。地方自治体の方々も相当頑張ってるし、派遣された自衛隊の方々

救援隊員の方々、相当頑張っていると思いますが、国がもっと大掛かりに支援して欲し

いです。育ち盛りのお子様が3日間食べるものがないなんて、そういう状況を起こして

は絶対にいけない。余っているだろう税金は早急に能登半島に使ってほしい、真剣に

そう思ってます。

youtu.be

youtu.be

youtu.be

羽田空港衝突事故JAL便でのペットの扱いについて思ったこと

表記の件、結構話題になっていますね。2匹(匹とか言ったらいけない?)助からなかった

お話です。もともと自分は今のマスコミは正直言って大事な報道等しないので、今回の

研も「なぜ話題にしたんだろ」と思っています。意味は分かりますが、今回のような緊

急事態では結果ですが、どうしようもないことのように思います。また、ペットを家族

と同じと思っている方にとっては相当残念な部分があるし、何故なんとか出来なかった

のかとか自責の念に駆られたりもでしょう。ただ、これをマスコミが取り上げた意味は

どこにあるかと思うと首を傾げたくなります。もっと大事な事柄が多々あるだろと思う

からです。

 

家族のペットを貨物と同じ扱いで結果、OKを出したのは悲しいかな、自分ですし、自

分の命さえなくす危険性が大きかったわけですから、色々言いたい部分はあっても何

も言えない感じです。ましてやそれでJALを悪者にしても何も変わらない感じです。自

分も前々から大嫌いだった猫ちゃんが大好きになり、完全に家族として大事に飼ってい

たことがあるので気持ちは分かります。第一、自分からすれば貨物じゃないので。それ

でどうするのかを考えると無理して連れていかない気がします。無理して連れていって

もそれは自分の勝手なエゴのように思うし、離れたくないのなら旅客機には乗らない、

そんな選択でしょう。もっと言えば人間にはペットちゃんの気持ちは正確には分かりに

くい。概ね分かるとしても全部じゃないような、そんな感じです。

 

今はSNSが相当発達して誰でも思ったことを言うので、それで色んな意見はあるから、

人によって色んな意見が出てくるのは当たり前のことです。もっと言えば、この意見が

かなり多いから、この意見が正しいなんてこともないのです。各人が勝手にも思い、

勝手に色々言っているのかもです。真面目に意見を言ってる方も多々いらっしゃるでし

ょうし、そんなに考えていないでペットも飼ったこともなくても意見を言ってるかもで

す。そうだとすれば背景が全然違う方が何通りもの意見を出したら、それがまとまる訳

がないと思いますね。JALへのクレームを言うのも違う感じです。不満があるのは分か

るけど、世の中、万人に対して100%満足出来る社会ではないのが当たり前だし、更に

言えばペットを飼っている方には良いとしてもペットに関心のないお客様にはどうする

の?という議論が終わってないからです。そこの議論もかなり大事。そんなことを今回

考えたりしました。

羽田空港でのJALエアバスと海保ボンバルの衝突事故を聞いて(追記あり)

元旦の能登半島地震の報道を見た時から、今年は色々悪いことが多い年かも知れない

と悪い想像をしていたら、羽田空港で着陸したJALの旅客機と海保の双発機が衝突した

とニュースを見て、まさかと思いました。それでも旅客機のほうは着陸して海保のボン

バル衝突し、エンジンから火を噴いていたということですから、それでも乗客乗員に

死傷者がなかった報道なので胸を撫でおろしましたが、一方、海保のボンバルの乗員に

関しては明るい情報がなく、何とも言えない気持ちになっています。海保も能登半島

地震災害で物資を運搬していたようですから、それを思うと言葉が出ません。

 

しかし、JALエアバスは出火して全焼した報道ですから、そんな厳しい環境でも死傷

者がなかったとすれば乗務員とお客様の機敏かつ適切な避難があったのだと確信してい

ます。起きるはずのない事故ですが、すぐに管制誘導のミスかもとも思いましたが何も

分かっていないので何も言えない状況です。午後6時頃と言えば、かなり旅客機の数も

多いでしょうし、そこに災害救助用の海保の飛行機も混ざったとなると相当管制誘導も

混雑していたことが想像されます。そんな中でも管制官は充分に安全を確保するはずな

のですが悲しいかなヒューマンエラーはゼロには出来ないのは過去の実績から言えま

す。まあ、断定は出来ないのですが、過去の事例を見ても多くあったのは事故を起こす

前に複数の不都合が重なったと言う話。そんなことも想像されてしまいます。自分は

旅客機のことがかなり好きで旅客機の事故に関する本は相当読んでます。信じられない

ような原因が多々あったことと普通がたまたま複数重なって事故に繋がった場合や悲し

いかな、パイロットの不適切な操作、勘違いというのが結構あるのです。そう、人間の

ミスはゼロには出来ないのです。

 

先ほど、羽田空港での今回の事故と思われる動画を見ました。衝突時にどうも大爆発を

起こし、JALエアバスはかなりの速度で火だるまで滑走路を走行していた感じです。

目にしただけで恐怖で背筋が寒くなりました。そこで思ったことは海保のボンバルは衝

突後、即大破したんじゃないかということとJALエアバスは火だるまのまま滑走路を

高速で走っていたのでよくぞ大人数でケガもなく、退避出来たなということです。素人

目ですが、この動画は本当に恐かった。パニック映画でも目にしている感じにしか、見

えていません。今は当該滑走路以外は利用が可能になり、原因追及も進んでいることと

は思いますが、負傷しながら一応助かった海保の機長以外はお亡くなりになっていま

す。それが本当に悲しい。動画が事実だとしたらあんな大爆発を起こしたら、海保機

は確かに助かる可能性は低いとは言いながら、能登半島の救援をしていたことを聞くと

悲しくて悲しくてどうしようもない。本当に不幸な出来事でしたが、お亡くなりになっ

た海保の皆さん、残念で無念であったと思いますが、是非安眠してほしいです。被災し

た方々のため、命をかけて救援にあたってくれたこと、心から尊敬し、御礼申し上げま

す。合唱。

※掲載するか迷いましたが事故の悲惨さを知って戴くため、動画を掲載します。

youtu.be

【追記:2024年1月3日夕方】

新しい報道ではJALの乗客の中にケガをなさった方が17名いらっしゃったとのことで

す。絶対にそれで良いとは言えないですが、死亡となった方がいなくて本当に良かった

感じです。第3者だから、そんなことを言えるだろとか怒られそうですが、事故動画を

見た感じからはどう見ても大きな事故にしかならない雰囲気なので。それとJALサイド

と海保サイド両方とも滑走路への進入についてOKが出ていたと言っていますし、羽田

管制官の話としてJALには着陸の指示を出していたと言っていますから、それだと海保

側が勘違いした可能性がありますが、詳細分かっていないのでなんとも言えません。

 

過去の大きな旅客機事故を見ても管制官との無線による誤解と言いますか、勘違いによ

る事故はかなりあるのです。それで交信の際の言い方を誤解のように改めたりはしてい

ますが不都合なことが重なったりですと避けれない場合も。また、JALの同機乗客のお

話を聞いても相当ひっ迫した状況でそれでも何とか助かったと言った感じです。一部の

ドアが開かなかったとの話もあるので、そんな状況でしたらCAさんもパニックに近か

ったかもです。それでも何とか亡くなった方が出なくて本当に良かった。JALのお客様

が退避完了まで18分程度かかったようなので奇跡の18分間だったかもしれません。

 

 

元旦なのに大地震が続いて起きた・被害を受けた方、なんとかサバイバルしてほしいです

穏やかな元旦で良いなと思っていたら、能登半島で立て続けに大きな地震があり、詳細

がどうもわかりにくい感じですが、被災者の方がかなりいらっしゃるようです。公的な

機関も対応していただいていると思いますが、被害があまり広がらず、なんとか新年を

少しでも楽に生活していけるようになることを切に祈ります。自分も今まで震度7に近

い自信は2度ほど経験していますが、振動が激しくて立っていられませんし、天井の

蛍光灯が振幅の大きさで割れたりもあったので本当に恐いっ経験でした。書庫も全部

倒れ、もし、下敷きになったら大怪我をした方がいたと思っています。そんな感じで

もう少し情報を見ていたら、亡くなった方もいますし、ビルの倒壊、道路の亀裂や

寸断。そして出火と悲惨な事実が次々出てきました。リアルタイムの動画で見ても

雪がある感じですから、かなり寒いのでしょう。

 

能登地震はかなり前から地震情報を見ていましたし、継続して続いていましたが、そ

んなに大きな地震になるとは全然思っていなかったのです。地震の原因が地下の水の流

れと専門家が言っていたので継続してエネルギーを発散していれば、そんなに大きく揺

れることはないだろうと勝手に思っていました。ところが今回は既に10個ぐらいの断層

が大きく動いたと言われていますし、地震の規模としては内陸部では大きな規模のもの

です。ですから地元の方は全然安心は出来ないし、寒空の中、相当つらい状況で避難し

ていると思うと可哀想で可哀想で。1人減の勝手な思いでは何も元旦からこんな試練は

ないでしょ、と神様に言いたい感じです。

 

しかし、東日本大震災以降、日本は本当に大きな地震が多々起きています。普通で考え

ても地震の原因が地盤の歪みだとすると1回大きく動いたら、それを平準化と言います

か、落ち着かせるためには各地で何度か動いて、それで力の均等を保つようになるのは

すぐにわかります。ただ、それにはどれだけ時間がかかるかは分かりませんし、実際の

地下の詳細は誰も分からない。だから不安になるんですよね。理屈は分かっても現実に

色々あるとなかなか耐えられない。それに大きな自然の活動から見れば、人間の生活な

んて小さなゴミのようなものかもです。それにもともと今の弧状列島である日本の成因

を見れば、地盤が動くのは当たり前なわけです。

 

しかし、震度7から震度5とか何度も地震が起きて、地元の方々は本当に不安で心細く

て逃げ場のない環境で避難をしていると思います。相当日本も色々あって疲弊はしてい

ますが、こんな被災をした方々を助ける力は残っているはず。だからと言って自分が実

際に現地に行って手助け出来ないのですが、何とか少しでも被災した方々が楽になれる

手助けをよろしくお願いいたします。それを切に望むものであります。