気になるトピック&ニュース少し掘り下げブログ

沖縄の大好きな中年オヤジですが、ブログで色々取り上げています。(笑)

東大で起きた17歳の少年による傷害事件のこと

f:id:o-kenya777:20220117003403j:plain

f:id:o-kenya777:20220117003414j:plain

またも起きた若い方による自殺願望から始まる無差別な殺傷事件もどきの事件。深い溜

息とともに、こういった事件が特別な事件ではなく、今の日本国内でなら普通に起こる

と言う確信を持ちました。非常に残念ではありますが、この社会環境なら、同様の事件

は当分の間、続く気がしています。良いか悪いかには触れませんが、今の若い方たちは

非常に思い込みが強いと言うか、自分の思った事しか信じていない感じが非常に強いで

す。自分の若かった頃も大人の言うことなんか、信じないぞはあったことはあったので

すが、そう言った話を100%信じてないわけでもなく、大人の言うことだから経験が多

い分、そんなこともあるのかも、とは思っていました。

 

ところが今の方は非常に自信があるというか、自分の経験が少ないことを何も気にして

おらず、自分は自分。自分の思っていることが一番正しい感がどうも相当強い気がして

います。まあ、いつの時代も若者は反抗精神が強いですから、何も他人である大人の意

見を聞く必要もないわけです。ただ、そこで失敗した際の立ち直りが非常に弱いのと

他人を殺すとか傷つけることがOKになってしまう発想が良く理解出来ない。究極的に

言えば自分のために他人を巻き込んで殺しても良いと思っているとすれば、その発想の

幼さ、危うさ、もっと言えば人間のことが全然分かっていないとしか、言いようのない

若者がどのようにして今、この日本社会で作られてきたのかが、全然把握出来ないので

す。

 

第一にはどう考えても親と言いますか、その家庭でどんな環境で育ってきたか、どんな

親からの言葉を受けて育ってきたかが、非常に気になっています。前にもそこには触れ

ていますが、兄弟がいないとか祖父母が近くにいない環境は人間形成の中ではかなり重

要な気がしています。それと丸っきり今と環境が違っていますが、小学校に入った頃か

ら、近所の上級生と遊んだりしていましたので、その中で人間関係のことを学んだ気が

しています。まあ、当時ですから、叩かれたりもあったわけですが。そんな環境で小さ

い頃は育ってきました。まあ、今の方のように「温室育ち」とは全然違っていたと思っ

ています。そう言えば父親からもたまにですけど、鉄拳で怒鳴られたりは何度かありま

した。かなり反発もありましたが、ともかく父親は恐かった。

 

多分今の方が、そんな環境では育っていないのでしょう。そうなると親御さんはどうや

って子供に人間関係を教えていくのか。これも非常に難しい感じもしますが、単純には

多くの人間と関係を持たせるしかない気がしています。それとゲームが悪いとかは言い

ませんが私たちの子供の頃より、人を殺すとか傷つける場面を仮想とは言いながらも目

にすることが多い世の中のように思います。例え、言葉では他人を殺すことや傷付ける

ことは絶対にしてはいけないこと、と言われていても、そういうのを仮想でも何度も見

ていたら、人の命なんて軽く思ってしまうこともあるような。

 

ただ、世の中を悪いと思ってしまう気持ちも分かる気がします。この世の中、嘘や欺瞞

ばかりで本当にどうしようもない。それと完全な誤解なのですが、今は資本主義ではな

くて拝金主義。そう、なんでもお金が最強でそれが一番大事なのものと言う考え方に余

りにも捕らわれすぎと思っています。今回も東大に入れないから自殺すると言う短絡的

な発想のようですから、いくら頭が良い若者であっても余りにも精神的に幼過ぎ、自分

だけ、可愛いすぎです。それが許される世の中は絶対に幸福な社会になるわけがありま

せん。今回、傷つけられた受験生等思うとどんなに絶望感が強い感じになったかと思う

と切な過ぎて。本当に残念ですが、今のこの日本の環境はほぼ変わらない感じです。

どうしたら、いいかも非常に見えにくい。そうは言いながらも自分の生活を何とか守っ

ていかないとです。世紀末そんなことばが頭に浮かびます。

雑・安心して食べることの出来る食品が少ないと言う恐怖

 

f:id:o-kenya777:20220113204343j:plain

f:id:o-kenya777:20220113204358j:plain


健康に注意をしている方なら痴呆症にマーガリンや植物油が良くないとか、小麦粉の

仲のグルテンが良くないとか、小麦粉自体に殺虫剤が残っていたとかのニュースを聞い

たことがあると思います。また、日本の政府自体が欧米で食べることが禁止になってい

る食品を禁止していないとか、不安材料が沢山あります。こんな風に色んな科学的な事

実に気が付くと、本当に安心して食べることの出来る食品が本当に少ないことにも気付

くと思います。そうなっていくと自分がこれから安心して食べていくことの出来る食べ

物をしっかりと自分で見つけていかないといけません。

 

自分の今の主食は玄米で出来るだけ農薬を使っていないものを食べています。まあ、白

米と違うのは事実ですが、決してまずい食べ物ではないです。味は良い。後は炊き方で

しょうか。少しだけ芯の残るのをどうやって少なくするか、後は炊くときの微妙な水量

調節と言った感じです。水に玄米を浸すのはもう6時間以上はしていますので、そこは

気になりません。少し驚くのが同じ研ぎ方でも水の濁り具合や浮いている薄い膜のよう

な物が時々変わったりなので、そこの理由を把握したくなっています。いずれにしても

身体自体が玄米は良いとはっきり言ってます。江戸自体にいた飛脚を仕事にしていた

方々は非常にタフで欧米人が彼らに肉を食べさせたら、走れなくなったと言った逸話も

残っています。この逸話の信憑性はどうなのかと言う部分はありますが、肉も食べない

で少しの魚と多量な野菜、そして玄米を食べていた身体で飛脚が今思うと飛んでもない

距離を走っていたのは事実で、それは認めないといけません。

 

こうなってくると今まで多分、風評や多分企業がやっていた洗脳のような情報を精査し

て本当に健康になるための食品を選択して、食べていく必要があります。大きな問題と

してはマーガリンや植物油をどうやって避けるのか、という点です。これは今どんな

食べ物にも入っています。パンやお菓子全般にはそう。揚げ物もそうですし、ちょっと

した美味しい食べ物には絶対入っています。最近は食品の成分表を見ることも多いので

が何にでも入っています。確かに日本の平均寿命は延びていますが、平均80歳を超える

方々は戦前戦中派なわけで、その際の食生活は自分たちとは全然違っていたはずです。

 

しかし、サラダオイルやマーガリンが身体に良いなんて情報はどこから出てきたものな

のでしょう。完全に騙されていました。マーガリンもサラダオイルも少し前まで身体に

良い物とばかり思ってました。これは科学的にデータを見たわけではないので、世間

一般の意見をそのまま信じていたわけです。愚かなんてもんじゃない。そういう面では

日本の世間一般の常識というやつをいつも鵜呑みにしてな駄目なことになります。

気にしているのは日本は寝たきり老人のが多分、欧米より多いということです。普通に

考えれば欧米の方が寝たきり老人が食生活の内容からしても多いように思っていました

が、どうもそうでもないようです。この点が非常に気になってます。

 

歳を取っても自分は寝た切りには絶対になりたくない。何としても、それは避けないと

いけません。そうなると運動とマーガリンやサラダオイルを使った食品は避けるという

ことをしないといけない。これはかなりの作業量です。でも可能な限りやっていくつも

りです。

 

北斗晶さんの言った言葉の内容から思ったこと

f:id:o-kenya777:20220111215356j:plain

f:id:o-kenya777:20220111215416j:plain

混沌とした世の中で各ご家庭の収入も世界的に見ても低い日本は今は本当に不幸な時代

だと思っています。そんな意味からすれば、自分の生活環境は恵まれていないとか、世

間に対してかなりの不満を持つ方も出てくるのはある意味、自然のように思っていま

す。ただ、その不満で面識のない方を殺すとか、知らない方に傷を負わせるとなると

そこはまた別の話とは自分は普通に思っていますが、そう思わない方もいるのは事実で

す。そこをどう各人が考えるかは、その方が子供の頃からどんな家庭環境で、どんな

学校生活を送ってきたかは、非常に大きな影響を及ぼす部分でしょう。

 

何度もここで言いますが、自分が子供の頃はすぐ近くに母親方の両親、じいちゃん、ば

あちゃんもいましたし、父親方の祖父の家に学校の休みの期間に長期間そこで生活をし

たりもしていたので、両方の祖父母の影響も大きく受けていたように思います。後は、

子供の頃は相当自分は本を読んでいたので、その影響もかなりです。今はもう体格も良

いのですが、子供の頃が身体も弱くて、余り外に出ることを止められていた気がしま

す。だから本を読んでいることが多かったように思います。こんな幼少期を過ごすと

ルールとして「絶対に人を殺してはいけない」とか「他人には迷惑をかけず、自分で

頑張る」と言うルールが自然に身に付いたように思います。今でも思うのは肉親だけで

なく、他人様には相当助けられているのも事実なのです。

 

こんな話をすれば、「お前は恵まれた環境で育ったんだろ」とか言われそうですが、決

してそういう訳でもない。また、最近気になるのは若い方には特に冷たいと言うか、非

常に厳しい世の中なんだろうとも思っています。そんな中で、北斗晶さんの言った言葉

、コロナ禍もあって金銭面や就職難などに苦しむ若者にもっと手を差し伸べるべきだと

いう言葉は自分にはかなり響いてます。コロナの流行る前から自分は、今の若者は明る

い希望をもって国内で頑張ることがほぼ出来ないのではないか、そんな風に思っていま

した。確かに元気のある、やる気のある若者はかなりの人数が海外に出て行ったりも

しています。どう見ても今の日本国内では、将来の明るい光が見えてこない。そんな風

に思います。少しだけ目を凝らして世間を見れば、国から政治家から嘘、誤魔化しばか

りで嫌になるのは当然でしょう。それはある一定のやる気が能力を持った若者でさえ

そうなのですから、更に立場の弱い若者なら、どういう行動に走るのか、と言う部分が

非常に気になるのです。そんな意味では確かに苦しんでいる若者に手を差し伸べる制度

があってもいいし、必要じゃないか、そう思うのです。

一人当たりのGDP世界24位をしっかり認識しながら

f:id:o-kenya777:20220106183025j:plain

f:id:o-kenya777:20220106183116j:plain

もう仕事も始まっている方が多いと思いますが、コロナについては、これから感染者が

国内でも増えて、どんな状況になるか分からない感じです。世界中でこんなにも疾病が

流行って経済がおかしくなる予想も自分は出来ていませんでしたし、一番気になるのは

前も触れたように以前に日本ではなくなっているということが信じられない。今日も

ニュースで老人相手に騙して品物を売る話が出ていました。自分からすれば、これって

本当に日本なの?と疑いたくもなりますが、そういうことなのでしょう。

 

もう1つは自分の状態が最悪なのは世間が悪いからということで、他人を巻き沿いに

して死ぬケースが多いことがどうしても理解出来ない。世間が悪いは昔からある話だし

、それで世間を恨む方も昔からいます。それを自分はどうこういうつもりもないので

す。ただ、そこで全く無関係の方も殺すと言う心理が理解出来ない。まあ、世間も色ん

な方がいますから、たまには「この野郎!」と思う方もいます。ただ、そこからはいく

らその憎悪が激しくても「殺す」までにはならない。子供の頃からの習慣と言いますか

絶対にやってはいけないことに「人を殺す」「他人を徹底的に痛めつける」が自分の行

動規範に入っているわけです。

 

今の日本は本当に暗い闇の中に国民全員がいる感じがしてなりません。なんせ一人当た

りのGDPが世界24位では、本当にどうしようもない。全く無意味な感覚で言いますが

、普通に日本はこれの順位10位以内にはいないといけない感じでしょう。ただ、本当

に日本に力がないのなら、衰退して亡ぶのもある意味仕方のないことかも知れません。

子供を産める環境に国内がなくて、どんどん人口も減っていけば、確かに国も亡ぶこ

となります。ただ、そんなのを黙って見過ごしていいのか?本気で日本は、こんな実

力なのか、と言うことです。国のGDPだけで言えば、世界第3位。それなのに国が衰退

していくのは何故か?税金等が単に無駄に使われ、国民の生活が良くなることに使われ

ていないためです。もう国や地方自治体、マスコミに騙されていることに気付いても

いいはずです。世界の正しい情報なんて、自分で努力しない限り、耳には入ってこな

いのです。こんな現況で投票率が5割しかないのは、自分で自殺しますと言っているの

と同義なのです。そんな風に思っています。何度も言います。若い方や可愛い子供たち

には日本であっても夢を持たせてあげたい。本気でそう思います。

 

 

 

新しい年を迎えて

f:id:o-kenya777:20220101143338j:plain

f:id:o-kenya777:20220101143349j:plain

まずは新年あけまして、おめでとうございます!自分にとって去年は、かなり悪い年で

あったように思いますが、最悪なら後は良いほうに昇るしかないので、それはそれで

良いのかもと勝手に思っています。基本、自分は楽天家ですから、他の人が落ち込む場

合もそれほど、落ち込んでいない気がします。また、暗いことが大嫌いですから、そん

な感じなのでしょう。企業で働いていた時には仕事の内容からして相当のストレス、そ

れも短期間では変わらないストレスが相当あったはずなのですが、ある時期から自分の

力ではどうもならない事柄に感じては考えたり、悩んだりするのも完全に無くせるよう

になっていました。逆に言えば、そうできないと自分が壊れてしまっていたからに他な

りません。

 

そんな意味でhコロナもそんな感じになりますが、公開されている情報や加えて国や地

自治体すら情報が正しくなかったり、決して国民のためになる情報を出していません

から、そこを自分で精査するのが本当に難しいし、面倒と思っています。本気でそんな

ことを考えてるの?と思うかもですが、国の情報統制で1つ例を挙げれば、未だに国の

公開情報では、コロナワクチンでの死者がゼロになってるのはご承知でしょうか?こん

なの普通で考えればあり得ない話です。確かにワクチンで亡くなる方が出てくるのは

困るなんてもんじゃない内容ですが、だからと言って、その判断をせず、各医療機関

制限を加えてると言うのは、本当に国民のためになるのか?自分はそこは真実こそが正

しく伝わるべきと考えます。それをしっかり理解したうえで僅かなリスクがあるとして

もワクチン接種をすべきと思ったら接種すれば良いだけのことです。

 

それと本当に日本のマスコミは正確な報道をしないので、これも自分が生活していくた

めに無駄な時間を費やしてる気がします。その報道内容が正しいのかと言う点と、もう

1つは報道されていない重要な情報が国外では出ていないか、この2点でしょう。自分

は今回のコロナ予防接種が自分の身体にかなりの悪影響もあると自分で判断して、それ

で従来のワクチンが完成するのを待っています。そんな中で今回、開発された新ワクチ

ンが遺伝子操作による治療であることも米国ではしっかりメーカー側から報道されてい

ますが、この報道、日本国内ではマスコミは全然報道もしていません。変に勘ぐる必要

もないのですが、自分の生死に関わることはしっかり自分で判断して、生活していきた

いと思っているので情報がないのは本当に困ります。もう、芸能界の生活に直接影響の

ない報道よりも、こんな重要な報道を流して欲しいのですが、多分それは無理でしょ

う。これも含めて自分で自分を守りながら生きていく、これがこれから欠かせない世の

中なんだと確信しています。皆さんも変な報道等に惑わされることなく、正しい情報を

精査して、加えて自分で重要な情報を探してもらって自分なりに生きていってほしいと

切に思っています。今年も上手にサバイバルしていきましょう。

雑・今年はどんな年でした?

f:id:o-kenya777:20211230231714j:plain

f:id:o-kenya777:20211230231725j:plain

コロナも欧米の様子を見ると患者数も増えていますし、国によっては死者も増えていま

すから正直、この先、どこでコロナの影響が無くなるのか、全く分からない様子です。

国内で見ても30年間近くも世帯当たりの年収も増えるどころか減っていますので、生活

の豊かさはほぼ一般家庭では感じられない状況なのだと思います。そしてコロナに関係

なく、一般家庭の年収の低さ同様に国民一人当たりのGDPも世界24位と言う報告も出

ていますから、もう先進国とは胸を張って言えないのが、今の日本でしょう。以前は

youtubeで沢山出ていた日本を褒める、あるいは日本人を褒める投稿も非常に空しくさ

え思えてきます。下手すれば誰かが意図的にそんな良い話ばかりを日本人を騙すために

意図的に流している気がしないこともない感じになってます。

 

政治の世界も余りにも膨大な税金が無駄に使われているのが実態ですし、国民の生活を

良くしようと思って動いている方もほんの僅かでしょうし、利権ばかりを貪ってる政治

家ではなく、政治屋が多過ぎてどうしようもない感じです。また、加えて国の根本的で

非常に大事であるはずの国のデータまでもが改ざんされているとなるともう、開いた口

が塞がりません。常識や良識を持ったお役人はもういないということなのか。まあおか

しい話の多くが戦後に米国がシステムとして日本に持ち込んだ話が公になっているので

それがしっかり機能しているということでしょう。資本主義における一番の目的はお金

なので、その思想が日本を駆逐しているということなのでしょう。

 

このことをはっきり意識して生活することも難しいですが、生活環境が悪化しっぱなし

な訳で、これからの将来を夢をもって若い方に生きていってもらうためには何とか今の

日本を変えていかないといけません。ここの部分はかなりの本気でそう思っています。

何度もここでは言っていますが、バブルの時代も経験し、良い部分でどんどん日本が

成長していた時代を知っている自分としては、あの明るい時代が余りにも哀しすぎま

す。いつも思うのが当時の儲けがどこに行ったのか、皆目見当も付かない感じです。

なんとくは分かってはいますが。こんな感じで日本は人口も減っていけば、国として

の形態が保てなくなるもの時間の問題です。それを許している人がこの国には多くて

国民ですら、外から見れば、それをOKと言っている感じに見えているのが事実ですか

ら。こんな暗い、先の全く見えない現状でも将来を信じて何とか生きていかないとい

けません。国が衰退してどうしようもないと思ったら、本当に優秀な若者は海外で頑

張っても良いと思います。それが自分の生きる道としてOKであれば。どうやって今の

子供たちに少しでも明るい将来を見てもらうか、これが本当に難問です。でも絶対に

諦めない。そう思っています。

雑・一目見て、完全に欲しくなってしまったクルマ・660 Speedstar

f:id:o-kenya777:20211229193819j:plain

f:id:o-kenya777:20211229193831j:plain

出典:660Speedstar HP

自分はクルマがかなり好きでドライブも一人で出掛けたりは前はかなりしていました。

フォルクスワーゲンパサートに乗り換えてからはドイツ車が大好きでマツダも大好き

ですがドイツ車の良さもなかなかなモノがあります。若い頃はスーパーカーも流行って

いたりで見に行ったこともありますが、フェラーリは素敵で綺麗な車ではありますが

実際に乗るなら1度はポルシェにといつも思っていたわけです。実際に乗る車としては

ポルシェは別格な気がしています。高額ですから簡単には買えないのですが。

 

子供の頃にカルマン・ギアが近所にあってかなり憧れの目で見ていました。なんと言っ

ても外見が洒落ていてかっこいい。こんなクルマ大人になったら乗りたいとか、そんな

風に思ったりしていました。このクルマもフォルクスワーゲンです。あの形状は基本的

に好きなんだろうと思ってます。実際、もう生産を中止してしまったオールドビートル

も大好きで1回所有してみたいクルマとずっと思っていました。中古でも良いので、そ

の気持ちは余り変わっていないのです。

 

そんな中で今日見つけてしまったのが写真のクルマ。660スピードスターと言うクル

マ。ポルシェ356のデザインのクルマ。愛知県にあるラダーインターナショナルと言う

会社が作ったクルマです。外観のこの綺麗なこと。一見しただけでもう惚れるデザイン

をしています。めちゃめちゃかっこいい!。税抜きで500万円を少しだけ切るクルマで

すが、この値段で、この綺麗さなら買ってもいいと思ってしまってます。どうも中身は

コペンのようですが、軽自動車でも、このデザインなら買ってもいい。それだけ仕上が

りが綺麗に見えています。このクルマ、本気で惚れちゃいました。まあ、若い頃は馬力

もそれなりにあって安定して高速クルージングが出来るクルマが好きでしたが、もう

飛ばす年齢でもないし、軽自動車でも一人なら良いかもと勝手に思っていました。

 

そんな中で、このクルマは本当に惚れる。こんな綺麗なクルマ、今、国産車でありま

すか?まずはないですし、これからも出てこないでしょう。コンバーシブルのクルマは

前々から乗りたかったし、いいかも!って感じになってます。メンテも楽そうだし、普

段使いが出来るのが良い!完全にこいつに惚れてしまいました。


www.youtube.com

 

神田沙也加さんが亡くなった話を受けて

f:id:o-kenya777:20211227155435j:plain

f:id:o-kenya777:20211227155449j:plain

神田沙也加さんが亡くなった事故についてのニュースが無くならない毎日ですが、自分

も、そのニュースを聞いた時には「なんで?」と言う素朴な疑問が沸き上がっていまし

た。まあ、芸能人のプライベートには興味もないですが、なんと言っても神田正輝

松田聖子女史の愛娘。生まれはサラブレッドですし、外見も美人さんで真面目そう

な感じが結構好きでした。甚だ勝手ながら、色々大変ながらも幸せになってくれればい

いなとか思ってました。それがホテルから落ちて亡くなるなんて。第3者ながら可哀想

でどうしようもない。何とか亡くなることなくと思っても亡くなった方は戻ってくる

わけでもないし。しかし、可哀想過ぎます。結構、胸が締め付けられる。まだ、35歳

ですよ、これからなのに。。。

 

しかし、腹立たしいのは故人に対して非常識に失礼な言葉をネットに出す輩が非常に

多いことです。もう、本当に日本人が信じられなくなります。亡くなった方に、それ

も女性にこんな残酷で心無い言葉をかけること自体が信じられない。完全に人間不信

になります。ホンの1部の方とですよ、とか言う方もいるかもですが、そんな人間の

数を数えると全然少数ではない。まあ、平均的な方がネットにコメントするわけでは

ないとしても酷すぎる。以前からそんな感じがあることはネットのコメント見て、分

かっていましたが、もう完全に以前の日本人でない方が多数いる気がしています。

 

昔から故人に対しては特に悪いことを言わないとか、責任追及をしないとしていたの

が日本の習慣なのに。今まで、これは言っていなかったことですが、家庭教育や学校

教育がどうなってるのか、非常に不信感を持っています。こんなに故人に悪いことや

失礼なことを言うのは何のためですか?と問いたい。そして、自分は他人様に誇れる

生き方をしてるんですか?とお聞きしたいです。良いか悪いかで言えば確かに亡くな

ってしまうのは良くないこと。でも、そうなったのはそれなりの理由も事情もあった

わけで、自殺であったかもはっきり言わない状況であったとしても故人に配慮は絶対

に必要です。現世が辛かったとしても来世ではなんとか、穏やかに過ごして欲しいと

いうのが本音です。

 

特に亡くなる前に沙也加さんからお誕生日の電話を受けた、父親の神田氏の気持ちを

想像すれば、もう可哀想で可哀想で。父親にとっては娘は結ばれない本当に可愛い

子供ですから。多分、彼なりになんで気付けなかったかとかどうしても自分を責めて

しまってる気がしてます。父親とは、そんなもんなので。理由はともかく、沙也加

さんには少しでも安眠してほしい、色々あって相当辛かった現世からは姿を消した

わけですから。選ぶ言葉もありません。合掌。

マックのポテトがSのみになった話から

f:id:o-kenya777:20211227151632j:plain

f:id:o-kenya777:20211227151645j:plain

マクドナルドのポテトがSサイズしかなくなったと聞きました。マックのポテトはLサイ

ズを注文することが多かったのですが、途中から身体に良くない添加剤?も入ってると

聞いて、ほぼ注文しなくなりましたが、美味しい感じで食べていた記憶があります。

なんと言っても自分はハンバーガーよりマックはポテトのイメージがあったのです。

ケンタッキーも同様に販売を中止しているとか。それの原因は米国からの輸入が従前

通り出来ていないためとされていますが、心配は単にそれですまない感じもしていま

す。コロナでこれだけ世界に張り巡らされていたサプライチェーンが完全に壊れていま

すし、更に言えば地球全体では段々、食べ物の供給が不足していることから考えればそ

の影響はボディブローのように効いてくると思っています。

 

もうひとつは日本の一人当たりのGNPが世界24位ぐらいまで完全に下がっていること

で生活環境も変わっていくと踏んでいます。昔は世界2位まで上がっていて、米国を抜

いた時期さえもありました。それが日本の本当の実力かは少し疑問の残るところです

が、世界24位ってなんなのでしょう。20年以上も経済規模が成長しないと言うのは、

以前は復帰出来るだろうと楽観視していましたが、今の国内の状況を見れば、まずは

無理でしょう。政治も企業もまるっきり駄目。本当にどうしようもない感じにまでな

っています。そう、国としての力、国力がないのです。例えば今、ニーズの多いITエン

ジニアの年収で言えば、欧米では日本の約2倍!もう信じられない状況です。

 

こんなのを例にしても国の力がない国ではビジネスにも海外の企業は力を注がないでし

ょうし、重点拠点としても扱わないでしょう。そうなれば前のようにお金でもって有無

言わせず、物品を日本国内に持ってくることも出来ませんし、ビジネスとしても重要拠

点になっていなければ、今までのように欲しいものを安価で購入するのは、ほぼ無理に

なるでしょうね。昔からLNG等は何十年間もの長期契約でもって日本は世界のLNG

買い集めていた感じですが、今はもう中国に買い負けてる話すら、聞こえています。

それは中国の方がお金があるからで、金額で競争すれば、負けるに決まっています。

お話がポテトからLNGにまで及んでいますが、国力のない日本は、今までのような生活

が出来なくなるのは確かでしょう。某安倍氏が岸田首相に「アベノミクス」の継続を強

く主張したそうですが、ここままの日本で良いと思っているってことなんでしょうか?

もう今の政治家には何も期待が出来ないし、利権ばかりで動く政治屋に高給を払って

国民のためにならないことばかりするなら、全員解雇したいぐらいです。こんなのを

思うのは自分だけなんでしょうか。

「忘年会・新年会」は不要か、の話

00f:id:o-kenya777:20211225130025j:plain

f:id:o-kenya777:20211225130037j:plain

「忘年会・新年会」は不要か、の話題が一時期出ていたので、少しそれに触れてみた

い。まずは自分は若かった頃、会社の新年会や忘年会はどう思っていたか、については

正直、あまり好きではなかったのです。その理由は酔って仕事の話をする先輩や上司が

いたから、これです。これは先輩のアドバイスや上司の小言を聞きたくないと言うので

はなくて、酔った勢いでされるのは絶対に嫌だ、素面の時になら全部伺います、と言う

姿勢で考えていました。若者が先輩等と同じに仕事が出来ないのは当たり前ですし、そ

れを変えていくには先輩や上司のアドバイザリングは不可欠と思ってましたから。

 

はっきり言ってお酒はある意味「気ち〇い水」ですから、仕事のことは飲んでない時に

したいのです。自分が入社した頃は徒弟制みたいな感じで、現場仕事を丁寧に教えてく

れる雰囲気はあまりなく、自分の時代でも「仕事は見て盗め」みたいな感じが残ってい

たのです。そして前は自分の会社は大学卒は認数も多くなかったので、給料の高い大卒

は何でも出来て、当たり前だろ、みたいな雰囲気が残ってました。だから、新人はすぐ

に職人にはなれないので必死に頑張っていた気がします。自分は現場が大好きでしたし

、現場の先輩方も大好きで尊敬してましたから。

 

そういう訳で忘年会は1年の終わりの慰労会ですし、新年会は新しい年を迎えて新規に

頑張るための壮行会のように思っていたので、酔っているという状態でアドバイス

受けたくなかったわけです。そんな感じでしたから現場作業で怒鳴られても、それだけ

まずいことをしたんだ、とか、危険だったんだと思うのがほとんとで嫌と言う感じでは

なかったように思います。

 

そして、今になって思えば、先輩方はそんな弁の立つ感じの方は、ほとんどいなくて

素面では自分みたいな若者に色々言いにくかったこともなんとなく分かっています。

それをOKとするか、どうかは別としてそんな感じもかなりあったろうと思います。

加えて、自分の若い頃の仕事は危険も多くて、1つ間違えば死にいたることも多々あ

ったのでコミュニーケーションは可能な限り誰とでも取るようにしていました。それが

仕事でケガもなく、成功させるための手段と確認していました。これはどの職種にも

当てはまるのか、は分かりませんが、自分の仕事では、そうだったのです。そうなると

先輩方がどういう方なのかは、近づいて中に入り込んでいかないと分かりません。また

そうしないと自分を認めてもらえないと思っていました。現場の仕事はそんな感じで

した。だから説教を受けるとかに関係なく、お互いを知るためにはお酒は必要だと

確信していました。人間関係を築くための簡単な方法がお酒だと思っていたわけです。

 

確かに仕事は言え、全員と気心が知れるようになるのは難しいのではありますが、可

能な限りやっていたわけです。それで頑張っていれば自分を認めてくれる、可愛がっ

てくれる先輩方が少しづつ増えていったように思います。仕事では、そんな先輩方から

は相当助けられています。だから自分も同じように若手には出来るだけ手助けしてあげ

たいといつも思っていました。

 

少しだけ、自分の子供の頃の話をすると小学校の頃には地域の子供会と言うのが、かな

り活発に活動していたので。その関係だと思うのですが、上級生と遊ぶのが結構多かっ

た気がします。その中で他人との付き合い方や接し方を覚えていった気がするのです。

上級生は荒っぽいのもいましたから、こっちが変なことをすれば、叩かれたりは普通に

あったので、それとなく付き合いのルールをそれで身に付けていった気がします。

何を言いたいかと言うと人間づきあいをする手段を自然に覚えていく環境が当時はあっ

たということです。また、母親方の祖父母が近所にいたので、かなり可愛がってもらっ

たし、その中で自然に人付き合いのことも生きていくためのルースも祖父母に教えても

らっていた気がします。後は小学校の頃は相当数の本を読んでました。これは自分の生

き方にかなりの影響を及ぼしている気がしています。

 

こんな感じで育った自分を比べれば、今の若い方は絶対に人間づきあいは慣れていない

だろうし、もっと突っ込んで言えば、人間づきあいって浅いのばかりじゃない?と心配

しています。離婚した際にも、ある若い女性から「自分の職場なんて離婚してる人が

10人以上いるし、そんな時代じゃない?」と言われたことがありましたが、自分ははっ

きり言って「結婚での関係はそんな希薄なもんじゃないだろ!」と断言して言えます。

それだけ本来であれば、人間とのお付き合いは絆の強い、深いものと思っている訳で

す。

 

こんな風に考えていくと嫌な感じの事柄が「忘年会・新年会」で多々起きているのなら

それを避けたい気持ちは分かるけど、飲み会以外の人間関係作りは絶対にしないとお仕

事は上手にいかないかもよ、とはっきり言いたい。自分が育ってきた時代は、やはり

飲み会が先輩や上司との繋がりを深く作っていた時代なので。そして、その意味では

この手段だけが一番人間関係作りにいいとは断言できないし、今の若い方たちは、どう

やって人間関係を築いているのだろと心配になってきます。非常に暗いとか、楽天家の

私でも言われそうですが、生きていて楽しいことよりも苦しいことの方が多いのが現実

と思ってしまってます。とりあえずね。

 

特別な思いのあった超大型旅客機、エアバスA380。最後の新造機が工場を立つ

f:id:o-kenya777:20211222233911j:plain

f:id:o-kenya777:20211222234112j:plain

f:id:o-kenya777:20211222234125j:plain

出典:Air bus HP

日本はロッキード事件以来、しばらくの間、ボーイング社の旅客機を航空会社が購入

し、特に欧州では利用の多かったエアバスを採用していなかった期間がかなりありまし

た。そんな中で2007年10月から運用されたエアバスA380は総2階の巨大旅客機で興味が

かなりあった自分はエアバス社のA380に関するプレゼンテーションを何かの機会で聞

いた記憶があります。それ以来、この旅客機が好きで、搭乗したくてどうしようもない

感じになっていました。そんなことでANAがフライングホヌを導入しても搭乗出来てな

いですし、そんな意味では、その鬱憤がそのままになっています。

 

そんなこんなのうちに、とうとう、世界的な不況のために生産中止となってしまいまし

た。これは本音で言えば本当に悲しい。もう完全な個人的な好みでお話しています。

この機の利用に際しては空港でも今までのタラップが使えないとか不都合も多々あった

ようですが、利用者の勝手な好みで、この機体の雄姿はなんとも言えない魅力はあるん

です。近場で見たいし、搭乗したいし、もし可能なら操縦だってしてみたい。そんな

機体です。ただ、不運なことに、例の大韓航空での副社長が辞任までした「ナッツ事

件」は、この機体で怒ってますし、エンジンの爆発事故も2回起こしています。1件の

エンジン爆発はエンジン設計時のミスということでケリが付いていますが、複合素材

が使用され始めてからのエンジンの爆発事故は他機種でも起きていて、従前まで使っ

ていなかった新素材の劣化や耐久性に関しては予測出来ていなかった原因で事故が起き

ている感じがしています。

 

日本での同機の導入は最初に2014年にスカイマークが名乗りを上げたわけですが、結果

はご承知のようにスカイマークの経営悪化でエアバス社ともめにもめ、他社への転売を

したりしていますし、1機510億円は確かに巨額ですから計画通り運航出来ないと会社を

傾けてしまうのは確かにあるのでしょう。そんな中でもANAが2016年にスカイマーク

社のエアバス社への違約金の代わりとして、3機引き取ることになったのはご承知の通

りです。コロナの影響で定期運航も出来てないのもご承知の通り。それでもウミガメ、

フライング・ホヌとしてカラーリングされた機体はとても愛らしくて絶対に乗る!とか

勝手に思ってしまっています。

 

世界の中で見れば、アラブのエミレーツ航空が一番、この機体を所有しているわけです

が、ここでもA380は経済性が悪い等の理由で退役させられつつ、あります。それでも

エミレーツには123機のA380が導入され、ここ数年間は主力機として運航されるそうで

す。そんな中で、A380の最終号機が現地時間2021年12月16日にエミレーツ航空へ納入

されました。「A380」としてのコンセプト発表から20年間以上続いたA380の開発・製

造が、これで終了となるそうです。んー、非常に寂しい。16日、エアバスの工場がある

ドイツ・ハンブルクを離れる際に、ハンブルク工場のあるフィンケンヴェルダー空港の

滑走路上空を低空で通過する「ローパス」を披露し、同地のスタッフやファンに別れを

告げたのち、エミレーツの本拠地ドバイへ向け出発したそうです。その動画とエミレー

ツ社のHPで同機の素晴らしさを紹介していますのでリンクを張っておきます。

やはり、なんか寂しい。

 

エミレーツのA380型機 | 機種一覧 | エミレーツ体験 | エミレーツ航空 日本 (emirates.com)

 


www.youtube.com

火星で大量の水が発見される

f:id:o-kenya777:20211222223526g:plain

f:id:o-kenya777:20211222223538g:plain

出典:CNN JAPAN

地球以外にも生物がいることを見つける際に、その天体に水があるかと言う点が1つの

大きなポイントとして言われています。太陽系の中でも氷としての水や過去に液体の水

があった痕跡があったことは今までも報道されていましたし、探査衛星によって観測さ

れていたことも何度か過去にあったように思います。今回、地球からの脱出場所として

第一候補となっている火星から大量の水が確認されたという報道がCNNからありました

ので、その件について触れます。

 

最初に少しだけ火星の概要について触れておきます。地球型の惑星とされ、直径は地球

の約半分で重量は約10分の1。重力も地球の約10分の1。自転は地球と同じで24時間で

1回転と言う感じです。もちろん空気はなくて、二酸化炭素が95%で後は窒素等。地軸

が地球と同じ程度傾いているので季節はあると言われています。平均気温で-63℃、

最高気温が約20℃で最低が-140℃。従って、現在の地球と比べれば過酷な環境なのは

すぐにお分かりと思います。地球からの移住先候補にはなってはいますが、それは他の

惑星と比較すればマシと言う程度で済む環境としては相当厳しい場所ということです。

 

今回の多量の水の発見はESAとロスコスモスの共同ミッションで2016年に打ち上

げられた周回機「エクソマーズ微量ガス周回探査機」が、火星のマリネリス峡谷で確認

されたもので、この峡谷は赤道のすぐ南の場所にあるため、水が氷の状態になっていな

いで存在するとしています。火星でも極地方では氷の状態で水は存在することが前々か

ら分かっていましたが、液体として存在するのであれば、そこに生物が絶対にいる!と

かどうしても考えてしまいます。微生物等は当然いるとして、地球で言う魚とか水生

生物がいるのか、非常に気になります。まあ、いても別にどうということないのですが

欧米人だと絶対に地球に持ち込むぞ!とか考えるでしょうから、そうなると結構恐い気

さえしてきます。なんせ未知の生き物ということであれば、人間に対して本当に害がな

いのか、とか小心者の自分は心配してしまうわけです。こんなのはSF映画の見過ぎな

のかもですが。今度の調査を注意深く見ていこうと思っています。


www.youtube.com

 

 

 

レッドブル・ホンダ、フェルスタッペン、ドライバーズ総合優勝本当におめでとう!!!

f:id:o-kenya777:20211213122713j:plain

f:id:o-kenya777:20211213122737j:plain

出典:Honda racing

 

昨日の晩は夜に一人でガッツポーズをし、「よし!よし!よし!遂にやったぞ!!」と

騒いでました。そう、レッドブル・ホンダが2021年のドライバーズチャンピオンに遂に

なったのです。めちゃめちゃ嬉しい!もう60過ぎのおっさんが一人でガッツポーズ!

リアルタイムでyoutubeで見ていたのですが、残り10周位の時にはハミルトンとの差が

10秒以上あって、「ん-、ハミルトンとじゃ無理かも」と半分諦めかけていました。

ところがです。事故でセイフティーカーが入り、秒差がなくなり、レッドブルは戦略的

にタイヤ交換をし、タイヤ交換出来てないメルセデスを攻めてるんです。そして最終

ラップ、58週目でなんとフェルスタッペンがハミルトンを抜いたのです。

 

もうあり得ない展開でもうもう、興奮してました。そしてハミルトンが追いかけますが

どうも無理のよう。そしてフェルスタッペン、ゴール!!!こんな展開、あるのでしょ

うか!です。マクラーレン・ホンダではあんなに冷遇され、アロンソには事実ではない

のにぼろクソにマシンを悪く言われ…。そんなのが踏み台になって30年ぶりのドライバ

ーズチャンピオンを奪取!!!それも正式参戦最後の年にです。こんな嬉しいことが

あるでしょうか。正直、泣けてきます。レッドブルと言う良い伴侶に恵まれ、そして

コツコツと頑張って年間ドライバーズ・チャンピオンですよ。嬉しい!嬉しい!

 

同僚ぺレスがレース途中でトップでのハミルトンを抑えたのも本当に素晴らしい!感

動!感動の嵐。そして最後まで絶対に諦めないマックス・フェルスタッペンに大いなる

勇気を頂きました。レッドブルの戦略やスタッフも本当に素晴らしい。こんな優勝、普

通はあり得ません。勝利の女神は頑張っている者に微笑む、そういう気がしてます。フ

ィニッシュしてフィニッシュラインを通過してからのフェルスタッペンの歓喜の雄叫

び、もう耳にしっかりこびりついてます。良かった、良かった!ホンダさん、やはりあ

んたは偉い!しっかり宗一郎氏のスピリット、受け継いでますよ!アルファタウリの

角田君4位、ガスリーが5位!もう嬉しいなんてもんじゃないです、これ。

 

そして日本での業界トップのトヨダが公式Twitterが12日、「ありがとうホンダ」のハッ

シュタグを付けて、以下のような熱い言葉でホンダにエールを送ったそうです。「30年

ぶりのワールドチャンピオン!最後まで諦めない素晴らしいラストラン!感動をありが

とうございました!!!」そうそう、これが日本です。これが日本企業!これもまた

泣けてくる。久しぶりに日本人の良さを痛感させてもらいました。本当に皆さん

ありがとうです!

 

Honda F1 30年ぶりの栄冠! マックス・フェルスタッペン選手がF1でドライバーズチ... | Honda.Racing


www.youtube.com

秋田の「いぶりがっこ」製造まで潰そうとする国・行政の愚かさ

f:id:o-kenya777:20211206203353j:plain

f:id:o-kenya777:20211206203410j:plain

昔と比べれば、国の行政も結構おかしいと言うか、絶対に変だし、詳細分かってないだ

ろと言うのが増えている気がしています。1つにはどう考えても国民生活を良くしよう

と言う思想で対応していない場合は必然的に「絶対におかしいだろ!」と言う対応にな

ってしまうわけです。今回、ネットニュースで話題になったのが、漬物の浅漬けの衛生

管理が問題となり、法律を変えた訳ですが、その法律の不備のために、有名で美味しい

秋田の「いぶりがっこ」が作れなくなってしまうと言うお話です。もう、おバカとしか

言いようのないお話です。完全におバカだし、それを回避出来る方法も選択肢がいくつ

かあったはずなのにです。

 

何十年か前は国のお役人と言うのは、流石に頭が良いし、悪い面もない訳でなかったで

すが感心はしていました。「流石」と言う部分が多かったように思います。ただ、何故

か段々と「?」と思うような面も目立ってきて、段々と不信感を抱くようになってきま

した。何年か前も仕事で経験したのが悪質な緑ナンバー車の取得を避けるために車の

床ナンバーで規制をかけたために今後は特殊車両の製造が出来なくなると特殊車両メー

カーに言われたことがありました。そんな馬鹿なことがあるんかとメーカーに問い合わ

せましたが駄目なようです、ということで関東の陸運局では認可が下りないと言う判断

で地方の陸運局で新規特殊車両の認可を取ったことがあります。こんなのは本当に馬鹿

げているお話でしょう。本来は法律を作る前に、その不具合を確認し、それを修正出来

るです。そんな馬鹿な話が実際にあるのです。

 

今回の件も全国で浅漬けなどの食中毒が相次ぎ、国は6月施行の改正法で、漬物製造業

を営業許可の取得が必要な業種に変更し、国際標準に沿った衛生管理を義務付け、専用

の製造場所を設けるよう規定したということなのですが、いぶりがっごは豪雪地帯の保

存食として生まれ、秋に大根をつるして木の煙でいぶし、塩などが入った米ぬかに漬け

込んで作られる漬物。昔ながらの製法を代々受け継ぐ農家は農閑期に小屋で作っている

漬物で専用の製造所なんて最初からない。使う木の種類や漬け込み用の材料で味が変わ

り、今も約100人程度の農家の方がが昔ながらの製法を守る貴重な漬物なんです。

 

従って法律改正で今まで通りの「いぶりがっこ」は作れないし、製造を継続するために

は多額の設備投資がいる。だから、多くの方は「いぶりがっこ」の製造を諦めるしか

ないと言うわけです。更に言えば、国際基準に合わせたと言うのが、良いように聞こえ

ますが本当にそうなのか。日本国内の基準の方が数段優れている場合があるのも事実で

す。そう考えれば輸出する品物ではない限り、国内基準で良いんじゃないか、とか

思いますね。もう海外を不必要に信仰するのも止めた方が良いです。

 


www.youtube.com

 

こんなことは絶対に許してはならないし、貴重な食文化をアホが潰すな!と大声で言い

たいわけです。少し話は違いますが、昔、日本が得意とした半導体産業が衰退した原因

も大バカ者の国の役人が米国の無理難題を受け入れたからに過ぎません。これも知って

ましたか?そういうことなんです。血税を払ってアホなお役人が国民が苦しむような

仕事をし、そして自分たちの生活だけは守る。それが今の国のお役人と言っていいでし

しょう。そういうことなのです。何故国民が怒らないのか、不思議でなりません。

塩野義ワクチン・試験で効果確認を聞いて

f:id:o-kenya777:20211206183603j:plain

f:id:o-kenya777:20211206183622j:plain

前もここでお話しましたが、自分は今、多くの方が接種しているコロナワクチンを接種

していません。これは今のワクチンの効果に疑いがあるとかの理由ではなく、緊急用と

して従前のような安全確認が行われていないためです。日本政府を信用していないのか

と言われれば「YES」です。今の政治家やお役人は正直、信用が出来ない。大変申し訳

がないですが、そういうことです。むしろ何故日本でワクチン開発を急がないかと思っ

ています。今の政府は本当に信用出来ません。何か月前かに自宅療養と呼び名だけが

良い感じがしますが、それで見殺しにされた方が何人いたのでしょう。率先して子供に

接種させろ、とか混合したワクチンを使えとのたもうた本当に愚かなお役人が何人い

たか。個々の死に対して責任なんて取らないくせにいい加減なことばかりを言う輩に

ほとほと呆れて物が言えません。

 

まあ、訳の分からない専門家の意見よりも自分の判断で生活していきます。今のワクチ

ンにしたって効果は数か月と言われています。そしてワクチンを開発した企業は大儲け

でしょう。それが悪いとは言いませんが、国の広報の仕方は本当に無責任極まりませ

ん。自分は死ぬまで後、最長20年程度ですから別に身体に何が入っても良いと思う方も

いるでしょうが、自分は従前の方法で製作されたワクチンを接種しようと思います。

 

しかし、政府が全く科学的な判断をしないのは何故なのか、本気で疑いたくなります。

まずはPCR検査はそれを作った科学者がコロナの検査に適用出来ないと言っているのに

使っているのは何故か。従前の疾病と違ってコロナが発病していないのにコロナの存在

が確認されたただけで「感染」としているのは何故か。PCR検査でコロナが確認された

人が亡くなった場合、その死因をコロナとしているのは何故か。もう、疑問だらけで

訳が分からない。本来の意味でコロナで亡くなった方は何人いるのか、全く分からな

い。一説には1割とか言う話もありますが、その情報もどこまで本当なのかも分かりま

せん。

 

緊急回避として安全性の担保がされていなくてもワクチンとして利用しなければなら

ない国があったことも自分は理解します。緊急回避法なら仕方がない。それらの国と

日本はどこが違ったのか、同じだったのか。不思議なことに今の日本ではコロナの感

染者が知らないうちにどんどん減っていきました。そして南アで変異したコロナが確

認されたので、これも日本国内に入ってくるでしょう。それで日本国内がどうなるか

です。これに関しては誰も分かっていない感じです。まあ、自分はほぼ外出もしない

ので何とか切り抜けることが出来るかも知れません。まあ、政府はまた科学的な裏付

けのない対応をするかもですけどね。日本って:いつからこんな国になったんだ?

と毎日首を傾げて生活しています。